愛は永遠に5コメント

1 さら id:7TvJnwj0

2011-06-04(土) 08:27:16 [削除依頼]
私は貴方様を今でも思っております。

あの日私たちは出会っていなければ私は昔の可愛くないただのおなご

こんな私を認めて下さった貴方様はいつまでも私の夫であります。

あの出会いが始まりで…

姫ー?姫様ー?

ガラガラ?

乱姫様?ここにおられましたか!大変でございます!

朝から騒々しいじぃの声…

姫 なんだ!朝から騒がしい!

じぃ 大変なので、ございます?ある殿様が!姫に結婚を!

結婚?わらわは聞いておらん!どういう事だ?

じぃ なんと!あのお方はあの戦上手の国田様の息子さまだとか…

私はびっくりした。あの国田家がわらわに何のようなのかと…

姫 分かった!皆ではよ支度するのだ!

それからそそくさとしたくを済ませた姫はよく客を通す座敷へと向かった

姫様が参りました。

家の使いがそう言うといっせいに目の前のふすまが開かれた

その先にいたのは、とても若い同い年のカッコイイと言う言葉がよく似合う人がいた

その人はニコッと笑った

じぃ 多田末様…こちらのお方はこの城の姫、乱姫様で御座います。

じぃが私の自己紹介をしていく

多田末 そうでしたか。それがしは国田 多田末と申す。じぃ様少しばかり姫と2人にさせて下さい。

そう言われたじぃはゆっくりと立ち上がり下がって行った

パタン。

乱姫 多田末様。いきなりですが私の様なおなごはおやめ下さい。

本当にイキナリだった。多田末は少し目を見開きまた優しい顔でこっちをみた

多田末 そなたは今までも沢山の結婚を断って来たと聞いている。なぜそこまで嫌うのだ?

多田末様は今までの人たちの様に断ったら手を上げたりなんかしなかった。

この時もうすでに貴方さまに恋心を抱いていたのかもしれませぬ。

乱姫は今までの人とは違うため少しびっくりしていた

乱姫 多田末様は断っても怒りはしないのですか?

乱姫は少し首をかしげて聞いてみた

多田末 それがしがなぜ怒る!私は平和な世が好きでそれを守るために普段戦もしておる。

乱姫 しかし、乱は多田末様のようなお方にふさわしくありませぬ。

多田末は少し黙りそうかと言った

乱はこれで終わったと思っていた。

多田末様が帰りじぃが報告に来た

じぃ 多田末様、また明日もいらっしゃるそうで御座います。確か結婚を受け入れるまで毎回来ると…

な…なんだと?まだこりて居なかったのか!

そう思っていたが

私は本当に毎日来る貴方のめげないとこと貴方のその心に恋をしてしまった。

そしてある日。

乱姫 多田末様。またいらしたのですね?

彼はここ最近毎日本当に来ている

多田末 それがしは、少しそなたを気にいってしまった。

多田末のその顔は出会った時と変わらず優しかった。

乱姫 ひとつお聞きしてもよろしいでしょうか?

多田末 なんだ?

乱姫 なぜ私のような心がまったく可愛らしくないものを選んだのですか?

多田末 実は前にそなたには会っていたのだ。

え?私はその言葉に耳を疑った。

多田末 小さい頃それがしはよく城をぬけだして居たのだ。その時にみたのがそなただった。それがしは愛をかんじたのだ。

乱姫はぷっと吹き出した

多田末 何がおかしい!

乱姫 だって!多田末様!愛を感じたなどと言う…ぷっ!

そして乱姫は少しして決心した様に言った。

乱姫 わかりました。そのご結婚お引き受けいたします。

これから始まるんだ!私たちの生活は。私は姫と言う呼び名に幕をかけた

続く
  • 2 さら id:7TvJnwj0

    2011-06-04(土) 23:19:44 [削除依頼]
    多田末様の家にとつぎ

    私は国田 乱となった。

    あれから一週間たった今だけどまだまだ慣れていない

    義理の母上様はとてもお優しい人なので心配はなかったが。

    多田末様も優しくてますます恋に落ちて行ってはいたが

    そのたびに愛する人を戦に送るのは正直辛かった。

    いつだって死と隣り合わせ…

    でも、多田末様は平和な世を築いて下さると言ってくださったし。

    何よりも、これは将軍の妻の役め。めげる訳には…

    それに、私のほかに奥方は居ないと聞いている。

    しかし、好きになると不安はつもるばかり。

    やがて、多田末様は愛人が居るとまでも言われていた。

    でも、私だけは。。妻として、信じなくちゃいけない。

    そう思っていたのに…あの瞬間を見るまでは…

    ある日、私は少し調子が悪かったため、城の使いを呼びに布団から立ち上がり

    使いを呼びに行く事にした。少し熱もありクラクラした。

    使いを呼びに行くには中庭を通って行く方が良かった。

    そこは、癒しの場所だから…

    そう思い中庭へと向かった。

    中庭からは使いの声が…

    使い やっぱり…多田末様…よね?

    ひそひそと聞こえたが、私の存在に気づいた使いは慌てて私を部屋に戻そうとした

    使い 奥方様!お戻りください!!お身体が冷えてしまいます?

    使いたちが焦る理由はすぐに分かった。

    あまり人の来ない中庭

    そこにいたのは、多田末様と知らないどこかの姫?

    多田末様。愛人がいらっしゃったのですね?

    なにも話して下さらなかった。

    信じていたのに…嘘ばかり…

    乱はその場に居るのが辛くなりそそくさと使いに

    具合が悪いとつたえ、部屋へと行った。

    そして、乱は決心した。

    辛くなんかない。私はこれからの運命を受け止める!

    元から弱虫ではない。大丈夫。大丈夫。

    シャー!

    その時タイミングよく多田末様は入ってきた。

    多田末 乱!具合が悪いそうじゃないか!熱はあるのか?

    貴方様の優しさは本物でしょうか?貴方様もお辛いでしょう。

    しかし、私にはもう…

    そして乱は思い切って言ってみた

    乱 多田末様?

    多田末 なんだ?

    そして、軽く唇を噛み締め。。

    乱 乱は…父上の元に戻ります。

    多田末は目を見開いた

    多田末 乱!どうしたと言うのだ?私には乱が必要…

    乱 それは本心ではありませぬ??

    乱は多田末の言葉をさえぎった

    乱 多田末様にはわらわは必要ないのです。逃げるとこならいくらでも作ればいい。
    わたくしはそんなのに怒ってはおりません!
    貴方様はわたくしに嘘をついた。
    それが許せないのです!とにかく戻ります。

    多田末は何も言えなくなっていた。

    さようなら多田末様。
  • 3 さら id:7lYHuqW1

    2011-06-08(水) 18:32:02 [削除依頼]
    乱:でわ…乱は戻らせていただきます。

    乱は戻ることにした…理由は多田末の嘘…

    多田末:短かったが楽しかったすまなかったな乱

    それだけを告げていつもの笑顔にもどる

    もう振り返らない…さようなら…これで私とあなたは終わり…

    乱:でわ…さようなら。

    私は彼に笑顔をみせ籠に乗り込んだ

    その時…私は気づかなった…

    いや…気づかなかったんじゃない気づきたくなかったんだ

    あの時あなた様は悲しいお顔で涙までも流していた

    なぜでしょうね?おかしい人だ事…

    あなたが私を突き放したというのにね…

    でも私はつぎに進みます…また会うその日まで…あなたとの思いは封印いたしましょう…
  • 4 さら id:7lYHuqW1

    2011-06-08(水) 18:41:35 [削除依頼]
    城に戻ると事情をしるじぃが出迎えてくれた

    じぃは何も聞かず私に優しく接してくれた

    また私はこの城の姫になった

    あれから月日というものはすぐにたってしまった

    姫の私にけっこんを申し込む男などたくさんいた

    しかし私は断り続けた…

    私は愛のない人なんかとむやみに結婚なんてしないそう誓っていたから

    あるひ…二人目の旦那候補があらわれた

    とってもいい人…優しい…私を思ってれる…

    あの時の私は何か大切なものを見逃てしまっていたんだ…

    そして私は新たなとこにとついだ

    名は清忠様

    私は過去を振り返らないようにしながらこの生活を楽しもうときめた
  • 5 さら id:8G3klID1

    2011-06-27(月) 23:21:14 [削除依頼]
    私は毎日を楽しく。美しく。

    そのために、私は毎日を得意の剣道をして過ごしていた。

    しかし、私のこの思いを覆す事件がおこるなんて…

    ありえないと思っていたのに…
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません