メール26コメント

1 猫 id:cMmCgji0

2011-06-03(金) 18:24:34 [削除依頼]
二つ目の小説です。
アドバイス、コメントは大歓迎です。
でわ登場人物紹介

河北 明日香(かわきた あすか)
主人公。仁の事が好き。

小寺 南(おのでら みなみ)
明日香にライバル心を燃やす。
仁の事が好き。

東大辞 仁(とうだいじ じん)
優しい優等生だが裏では…

西村 彰(にしむら あきら)
思うがままにできる力があると
設定してる。

こんな感じです。増えるかもです。

〜プロローグ〜
好きな人からのメールが来た。

ちょっとドキドキする…
しかし内容は―

河北さんと会った時から好きでした。
俺と付き合ってくれませんか…。
  • 7 猫 id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 08:23:35 [削除依頼]
    もう学校終わっちゃったよね…
    ピンポーン♪ピンポーン♪
    誰かな…。一応でてみよう。
    「はい…どちら様でしょう…」
    [あ、河北さん、俺だよ]
    仁君!?何で私の家知ってるの?!
    まさか南?…南の馬鹿…仁君に教えるなんて…
    あれ…?南は知らないよね…?
    可笑しい…私の家は誰にも教えてない
    …南にも教えてない…。
    じゃあなんで知ってるの…?
    [河北さん?鍵開いてるから入るよ]
    「えっ、ちょとまっ」
    「河北さん…熱は大丈夫なの?」
    「え、うん。大分楽になったよ…」
    好きな人が私の家のリビングにいる…
    恥ずかしい…///
    掃除しとけばよかった…
    「念の為、寝た方がいいよ」
    私の部屋に連れてかれる。
    「可愛いお部屋だね…」
    こんなんじゃ心臓が夜まで持たないよぉぉっ
  • 8 猫 id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 09:47:11 [削除依頼]
    ベットに横たわる。
    「やっぱり嫌いなの?」
    「ぅ…。嫌いじゃないよ…」
    「じゃあ好き?」
    「普通っ」
    ぷいっとそっぽを向く好きだよ。
    本当は。好きだけど。本当に好きなら、
    メールで告白なんかしない…

    それに仁君はワカッテナイ…
    私がどんな人か。だって私、馬鹿だし、
    そんなに…分かりもしないで好きなんて
    言わないでほしい。

    仁君には南がいるじゃない…仁君の幼馴染の
    南が…南可愛いのに。なんで私なんか選ぶの?
    「もう帰りなよ…」
    「帰るよ。あ、宿題のプリント。はい」
    宿題のプリントを渡されるだけで、ドキドキした。
    嬉しかった。

    でも私の家を知っていたことの疑問は分かりそうになく、
    ちょっと嬉しさが曇った…
  • 9 猫 id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 09:54:58 [削除依頼]
    明日は学校休まない…
    直接聞こう…私の住所を知ってたことを…

    「明日香〜学校行きなさい!」
    「はぁい」
    明日香は急いで朝食を食べ、
    待ち合わせ場所に向かう。
    南が待っていた。
    「ごめん南」
    「明日香、今日でもう別れようよ」
    「えっ…」

    何故だろう…南…怒ってる…?
    「ある事をしたら許すわ…それまでばいばい」
    南はスタスタと先に行ってしまった。

    南の言ってたある事って何だろう…。
    その事を気にしながら登校した。
  • 10 猫 id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 10:52:31 [削除依頼]
    「明日香おはよう!」
    「友実おはよう!」
    友実だった。友実は苦手…
    皆が自分のペースにならないと、絶交だとか
    言ってくる…。だから一応返事しないと
    クラスを敵にする。
    「明ー日ー香ちゃん!」
    一番むかつく奴が来た…。
    「はぁ…」
    横を向く。これが一番西村を追っ払う
    方法なんだ。西村彰…いつも私に
    からんでくる。…お前が思ってるより世界は甘くない。
    そう言いたいがそうすると、私の個人情報を
    調べられる…。それがとてつもなく嫌なのだ。
    皆にばらされるから…。
    こいつのせいで何人怪我人が出たか…

    「西村…私に近ずくとあんたの力、封印するから」
    「封印…ッ」
    あいつの脳中ではこれは魔法の言葉…だったらしい。
    下を向いて立ち止まってる。いい気味…。
  • 11 猫 id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 11:04:28 [削除依頼]
    でも私封印の仕方分かんない(^u^)
    やばい…この事西村にばれたら
    死ぬ…(^o^)
    って…メール?

    封印の呪文
    アブラカタブラ〜その力封印せよ!

    封印の呪文ださっ!そして何て古い…
    つかそのまんまじゃん!でも何か知らんけど
    助かった?(???)

    まあこれロックしとこ…。誰から送ってきた…
    東大辞先輩から…。
    何でこの人私の周りで起きたことが分かるの…?
  • 12 猫 id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 11:10:25 [削除依頼]
    怖い…東大辞先輩がこんなに
    怖いなんて…背筋に寒気がする…
    ていうか冷たい…
    「って東大辞先輩?!」
    「あれ?制服の上から氷あてちゃだめなの?」
    「だめでしょ!普通!制服濡れるわ!」
    「そっかぁ…そうだった!」

    この人…超天然ボケじゃん…
    こんな人にときめくなんて馬鹿だった…

    影で二人を見つめていた人が小さな声で
    呟いた。二人に聞こえないように…。
    「まだ…別れてないの…?」
  • 13 猫 id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 11:22:31 [削除依頼]
    下校時間。南は怒ってるから、
    一緒に帰ってくれないので一人で帰る。

    南が怒ってた理由、あれなんだろう…
    私が最近怒らせるようなことしたっけ…

    関係がありそうなのは南の好きな人。
    この頃私もて期だからきっと好きな人
    取っちゃったんだろうなぁ…。

    南の好きな人って確か…仁君だ…。
    私は…南の恋を応援してるよ。

    なのにね、仁君から告白するんだよ…

    私もね、仁君の事が好きなの。

    たとえ南が好きでも、諦められない、譲れないの…。
    私はあっちから告白されて、仁君の事が好き。でも
    私以外の女子に取られたくないから、ずっと気を引くために
    メールで試練を出してるだけなの…

    昼の氷事件は、私が暑いと呟いたら、
    仁君が氷をあててくれただけなんだよ…

    譲れない、譲らない、譲る気もない。
    南だけには仁君を取られたくないの…
  • 14 アメショー(猫) id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 20:53:14 [削除依頼]
    南の気持ちなんか気付かない方が良かったかもしれない。
    私は仁君が好きなんだよ。自分の気持ちを否定なんて
    私には出来ないよ・・・。でもそれだけで怒るなんて
    南らしくないなぁ・・・。

    南に何かあったのかなー?
    ゴンッ
    「いてて・・・」
    電信柱に頭をぶつける。ぼーっとしてた私が悪かった。
    「大丈夫?河北さんっ♪」
    仁君だ・・・。今は会いたくなかったのに。

    「アピールはもっとさりげなくやってください」
    「はいはい」
    先輩はニコっと笑う。胸がときめく。
    心拍上昇してるよっ!やばい心臓の鼓動が聞こえちゃうよぉ!
      ・
    先輩達と一緒に登校した。
    そう、一人はこっそり付いてきてたんだ。

    私達にバレないようにこっそりと・・・。
  • 15 アメショー(猫) id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 21:07:20 [削除依頼]
    学校に着くと、代わり果てた教室があった。
    イスで叩かれ、負傷した人も居た。
    何故こんなことに・・・

    そう、今までの話はすべてプロローグ。
    ここからが本番なの。

    この題名の通り、皆はメールに書かれたミッションを
    達成しなければ、死しかない。何で殺されるかって?
    他の人のミッションにより、殺される・・・。
    私達は戦わなきゃ駄目。逃げてはいけない。
    一度始めたら最後。

    他人を虐め、殺したりして残るしか出来ない。
    止めることは出来ない。

    止めるにはこの学校の人全員殺さないといけない。
    全校生徒を殺せ。
    それがこのゲームのルール・・・
  • 16 アメショー(猫) id:eT0DaVl1

    2011-06-04(土) 21:17:02 [削除依頼]
    特にそれ以外にルールはない。殺されるのが先か、
    全員殺すのが先か。
    愛しい者も、殺さないといけない。

    最初のミッション。
    出席番号1の人を全員殺せ。

    一番の人?丁度目の前に相田佐奈が居た。
    相手の武器は包丁。こっちはカッターだ。
    人を殺すにはちょっと短い。隙をみて刺す。血が吹き出る。相田佐奈は倒れた。

    残り人数あと325人・・・
  • 17 猫 id:/K8N4q81

    2011-06-05(日) 17:16:51 [削除依頼]
    メールが来た。ルール説明が書かれていた。
    カナたん説明は受けたけど、
    真面に説明聞いてなかったなぁ。

    まだ君を殺すためのミッションは出されていない。
    しかし、学校に入って二時間たつと、
    君を殺すためのミッションが送信される。

    君を殺す為のミッションが送信されると、
    緊急メールと言うのが送信される。
    誰が君を狙ってるか、君を殺そうとしてる人は誰か
    書かれたメールだ。

    〜ミッション終了後について〜
    ミッションが終わると、しばらくの間
    君にミッションはこない。
    君を殺すミッションは出されるが…。

    ミッション放棄はしてはいけない。
    最後までミッションの相手が見つからなければ
    話は別だが…。

    君は人を苦しめつつ、虐めつつ、殺しつつ…
    残らなければいけない…。
    ただし虐めた分だけ、殺した分だけ、苦しめた
    分だけのミッションが送信される…。

         ―END―
  • 18 猫 id:/K8N4q81

    2011-06-05(日) 17:29:27 [削除依頼]
    私は他のクラスの出席番号一番何て誰だか知らない。
    だから、放棄はしたくなくても、してしまうかも
    しれない…。だから、怖かった。

    ミッション放棄は、自分の死を意味するような物。
    例え殺す相手が誰だか分からなくても、
    放棄は放棄だから。

    怖い…私を殺す人は誰だろう…
    でも昔…夢で変なこと言われたっけ…

    「貴女には秘めし力があり、その力は
     人に殺されるときに使われる…
     貴女は凄い力を持ってるの…その力は
     悪用されてはならないのです…
     その力とは―――――」

    ここから先は分からない…だって覚えてないから。
    幼かったからなぁ…記憶もない…。
    でもその夢が本当だとしたら…

    このゲームは私の力を手に入れるため…?

    悪い人じゃなければいいけど…でもこんなゲーム
    やるんだからきっと悪い人だ…。
    放棄してるなんて思われないように…。
    待ち伏せという事で、今はもう使われてない、
    更衣室のロッカーの中に隠れた。
  • 19 猫 id:RG2KXE00

    2011-06-06(月) 08:35:46 [削除依頼]
    私の力…一体何なんだろう。
    そんなの知らない…分かんない…
    聞いた事ない…きっとその力は前世の記憶にある。
    でも前世の記憶なんてない…覚えてない…―
    分からない…。私は何なのかが…分からない…。

    考えれば考えるほど、自分が自分じゃなくなるような
    気がした。考えちゃだめ…。
    メールだ…。支配者からだ…。

    今から君を殺す為以外のミッションを
    送信し始める。
    仲尾 聖奈子。
    この人が君を探している…君も早く
    残りの3人を見つけ、殺せ―…

    出席番号1番残り3人…か。
    バタンッ
    誰かが入ってきた…見つからないように…
    「明日香ちゃん見〜っけ☆」
    「貴女は…仲尾…さん?」
  • 20 猫 id:RG2KXE00

    2011-06-06(月) 15:29:17 [削除依頼]
    「如何にも☆妾が仲尾聖名子だぞっ☆」
    キャピキャピした言い方だった。
    「何をッ…何のミッションでしょうかっ…」
    すると仲尾さんは恨み口調で言った。

    「貴女東大辞先輩と付きあいなさいっ」
    「は…はいっ?」

    何て急な…。
    天使「でもチャンスじゃない?憧れの先輩を自分の
       物に出来るのよ」
    悪魔「けっ。人は他人のもんじゃねぇよ」
    何か―…
       君たち言ってること逆じゃね?

    普通悪魔が物に出来るぜっつって、
    天使が他人のものじゃないって言うだろーー!

    天使「違うわ…私は貴女の本心なのっ。で、
       その本心を言ってるんだっ☆」
    悪魔「俺は本心と逆を言ってるんだぜ。きひひ」
    「は?!えーっとつまり…」
    <悪魔>と天使「君は欲望が強すぎる<んだぜ>よっ☆」
    「褒めてるの?貶してるの?」
    <悪魔>と天使「褒めてる<ぜ>よぉっ」
    「貶してるくせに…」

    「何黙りこくってるのよ〜。私の先輩取んないでよねっ
     すぐに別れなさいよッ?」
    う…脳内会議中だったのに…
    「OK.分かった」
    誰がすぐに別れるか。
  • 21 猫 id:Ofxr0QN0

    2011-06-07(火) 17:19:37 [削除依頼]
    「裏庭で待ってるって。すぐに別れなさいよ。
     ――約束よ…」
    「分かったってば!しつこいなっ」
    実際分かるけど分からないwww
    分かれるなんてもったいない。人気者を独り占め
    するのよ?こんなミッションもあるのねっ☆

    「あ…河北さん。待ってたよ」
    「ぅ…ごめんなさい」
    「俺…河北さんの事好きなんだけどさ…
     付き合わないとあの子可哀そうだよね…」
    「好きなんて何回も言わなくても良いです…
     勿論…付き合いたいなって私もずっと前からっ」
    途中で言葉が途切れる…何故って?それは…

    キスされたから…

    これじゃ…素直に…言いたい事言えないよ…っ
    30秒後、唇を離してくれた。
    「ちょっ…東大辞先輩…ッ///」
    「好きならいいでしょ?ねぇ…河北さん…」
    変な笑い方…ニヤッと笑ってる…その笑顔はまるで…
    悪魔―――……!
  • 22 猫 id:Ofxr0QN0

    2011-06-07(火) 17:40:56 [削除依頼]
    それからというもの…
    皆のミッションは「殺す為」より、
    「付き合せる為」のミッションの方が
    多くなった…。こんなんじゃ…
    このゲームは一生終わらない。

    ある時には…
    「河北さん、東大辞先輩と一日デートしてよ」
    とか、
    「東大辞先輩からプレゼントがあるって。貰いに行きなよ」
    とか…
    もうウンザリ。嫌になる…。飽きてくる…
    メール…あ…ロックしたのだけ残ってる…
    南からのメールとか、可愛い絵文字メールとかだけ
    ロックされている。そして一番最初に目に入ってきたのは

    件名:このゲームのルール
    支配人より。

    もう一度見ると…そこには…
    前とは違う。赤文字に変わってる―…
    ルールも変わっていた。

    このままでは終わりそうにない故…
    ミッション放棄は棄権と見做し、
    このゲームから.除.外.す.る―。

    「じゃあ…私がやらなければ…皆は…
     除…外…されるの?」
    どう言う風に除.外されるんだろう…。
    このゲームが終われば…普通の日常になる…
    「普通の…日常…」
    この気持ちは…何なんだろう…
    とても苦しい…
  • 23 猫 id:Ofxr0QN0

    2011-06-07(火) 17:51:52 [削除依頼]
    私はどう除外されるのかが気になって…。
    だから、試した。見たかった。どう除外されるのかを…

    「ねェ明日香ァ…東大辞先輩とぉキスしてっ」
    「断る―…」
    「えぇ?どぉしてぇ?」
    「嫌なのよ…ミッションだろーと何だろーと…クスクス」
    まぁこいつはどーなってもいい…というか
    どーなっても知らないから…。

    美神先輩は私が東大辞先輩の事好きなの知ってて
    東大辞先輩に近づく…毎日の様に!
    私より可愛い…人気もあるけど…女子には嫌われ者。
    まあ美神先輩は男子いれば良いみたいだし?
    美神先輩はハーレムってやつなんだよね。

    そして美神先輩は、棄権とみなされ、
    殺された―――――――。
  • 24 猫 id:hvmqF7H.

    2011-06-08(水) 16:24:00 [削除依頼]
    顔がない。顔面を抉られて死んでるようだ…
    この姿は惨過ぎる…でもちょっとだけ
    いい気味、と思う…どうして…?

    私は東大辞先輩と毎日いちゃついてるのが許せなかった…
    それを見ている私は…ただ…ただ…辛くって…。

    悲しい…悔しい…私の先輩を取ったやつが…
    美神 美海が嫌い。彼奴は先輩なんかじゃない…。

    ただの卑らしい泥棒なのだもの―…。

    泥棒。誘惑して…この学園の男子を我が物にして…
    遊んで…悲しませて…なんて可哀そうな男子達…

    「ざまぁみろ…美神美海…ッ」

    この学園の男子がそんなに好きなんだね。

    でもね…今日から全部私の物になるんだ…
  • 25 猫 id:hvmqF7H.

    2011-06-08(水) 16:43:27 [削除依頼]
    美が二つも付くなんて…どういう神経だよ。
    だってこいつ小三の時、超ブスだったじゃん。
    まあ…形成したからなぁ…こいつ。

    「あのぅ…仁君に告ってくれませんか…」

    嫌だよ。うん。だってこいつもモジモジキャラで
    東大辞先輩にアピールして可愛がられてた
    じゃない。友達の好きな人取るんじゃないよ…
    つっても後輩だけどwwww

    「お断りいたしますわ―…」

    お嬢様風に断る。

    「そんな…おいてめぇ…先輩の言うこと聞け…っ」

    怖ッ…此奴…ブリっ子キャラじゃん…(汗)
    髪を引っ張られる。
    「痛いよぉ…やめてよぉ…」
    涙目で言う。これで皆助けてくれる。

    「おいやめろよ豪徳寺!」

    「え…その…皆ぁ…私悪くないよぉ…
     明日香ちゃんが悪いのにぃ…」


    「…そっか…そうだよなぁぁ」

    男子達はにんまりと笑う…。
    手には刃物を持っている。
    まさか―――?!
  • 26 猫 id:/ka9kpa/

    2011-06-09(木) 18:26:38 [削除依頼]
    髪を切られ、そして包丁で腹部を刺される。
    ザクリ…。ザクッ…。グチャッ。
    血が吹き出る。…私を殺したのは誰…。私を病院に…
    連れって…
    グチャッ。
    刃物が腹部に食い込む。
    痛いを乗り越えて、もうなんにも感じない。

    「残念だったね。でも悪いのは鈍い貴女…
     恨むなら自分の鈍感さを恨むのね。
     このゲームは貴女のせいで始まったんだから
     ケジメ就けてね?私の恋人を殺した明日香ちゃん…
     クスクス…」

    え…?意味わかんない…私のせいで…始まったゲーム…
    私が殺されたら…力が…能力が…でも…ついに見られる…

    ――――私にある力を――――
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません