消毒液はぼくらの心にしみる43コメント

1 リコ id:SCO7WKO0

2011-06-01(水) 18:05:52 [削除依頼]

「失礼しまーす…」

この場所がぼくらの始まりだった
  • 24 リコ id:Yx9pjUD/

    2011-07-25(月) 18:13:24 [削除依頼]

    了哉side

    「こ、ここ…座りなよ」

    自分の席の近くに置いたイスを指さした。
    おれ、また声おかしくなってないよな?;

    「あ、ありがとうっ…」

    未…じゃなくて、村山は
    小さくパタパタと駆けよるとイスに掛けた。

    「机、お弁当広げていい?」

    「あ、おう。いいよ」

    村山は小さく笑うと俺の机の上に弁当を置いた。

    白地に水色のドットが描かれたふたを開けると、
    なかに色とりどりのおかずが詰められている。

    てか、女子の弁当箱って小っさすぎだろ!

    そんなんでよく満足できるな・・・
  • 25 リコ id:eRkBria0

    2011-07-27(水) 18:55:13 [削除依頼]

    未奈side

    ・・・坂井くんがあたしのお弁当ガン見してる

    た、食べづらいよーーー!;


    「あたしのお弁当って…ヘン…?;」

    「え、いやッ別に!? なんで?;」

    「なんでって…。さ、坂井くんがお弁当見てるから。
     お弁当のおかずとしてヘンなものが
     入ってるのかなーって」

    なんかシュン。


    「・・・ふ、はははっ!」

    「な、なんで笑うの!?」

    あたしはちょっと気にしちゃったのに、

    いきなり笑われたらどうしたらいいのっ?


    「確かにおれガン見しちゃってたけど、
     ははっそんな事思ってねーよー!
     ウケるよ村山ッ」

    カアァッ

    『村山』

    普通に話せているのに

    いまさら名前言われて

    何赤いの、あたし・・・!
  • 26 リコ id:BC/vwLz1

    2011-08-03(水) 18:38:38 [削除依頼]

    未奈side

    いまさらなんで赤くなってるの、あたしー!

    なんか反応しなきゃ。 

    ・・・ヤバい頭真っ白ー!!


    そんな時、

    「ただいまーーっ♪♪」

    夏希の声が後ろから聞こえた。

    救われたぁ〜〜!

    「てか、あれ? いつミーティング行った??」

    「10分くらい前かな?
     あんた達が仲良くしてたから
     そのままにして教室出ていったの〜♪」

    『なっ、別にそんな…っ!』

     わっ! 坂井くんの声と重なっちゃった!


    「ほら。仲良いから2人言うことも同じw」

    「秋斗!」

     
    早くもひやかされるカンジになるなんて;

    普通に話しにくくなるじゃない〜!!

    夏希と秋斗くんのバカー!!!
  • 27 リコ id:UTfoA391

    2011-08-04(木) 17:48:03 [削除依頼]

    了哉side

    「お前、ひやかしとかマジやめろよ」

    「ははっ わりィな」

    下校のチャイムが鳴り響く廊下。

    秋斗とおれは生徒玄関へと向かっていた。


    「でもさ、お前しょーじき、
     未奈ちゃんの事どう思ってる?!」

    「えっ!?」

    秋斗、お前なんで下の名前で呼んでるんだよ!?
           ↑そこ?;

    お前彼女いるだろ? マジでチャラ!

    おれは名字で呼んでるってのによー・・・

    てか、昼休みにはじめて呼んだだけじゃん・・・


    カアァーーーッ

    お、おれ何いまになってハズくなってんだよ!

    やっぱ普通じゃないな この気持ち…
     


     
  • 28 リコ id:UTfoA391

    2011-08-04(木) 18:30:08 [削除依頼]

    了哉side

    「おーい了哉ーー。
     妄想するんじゃなくて答えろー」

    「な、妄想なんかしてねぇよ。バカ」

    「で、どう思ってんだよ?」


    「…うん、まあフツーだな」

    とりあえず今はこう答えておこう。

    この気持ちを強く感じる時までは。


    「なんだよ〜。青春はあっという間だぞ。
     あ〜腹減った! なあ、マック行こうぜ」

    生徒玄関にある下駄箱が見えてきたとき
    村山がそこにいた。

    「あ、未奈ちゃんじゃね?」


    近付こうと1歩ふみだした、けど

     
    彼女の正面にまさか、あいつがいるなんて。
  • 29 リコ id:7N40LRh/

    2011-08-05(金) 12:12:02 [削除依頼]

    未奈side

    下駄箱にあるローファーを
    取ろうとする手がとまる。


    『村山』

    …カアッ 

    昼休みあとの授業中も

    ずっと繰り返されるあたしを呼ぶ声。


    バカ、たった名字ひとこと言われただけじゃん!

    お互い名前知ってるんだから

    呼ばれて当たり前じゃない!

    軽くぺちっと自分のほっぺたを叩いた。
  • 30 リコ id:3xmXN3X/

    2011-08-08(月) 13:43:54 [削除依頼]

    未奈side

    「村山?」


    え!坂井くん!?

    パッと振り向いむいた先には


    「…春貴くん…」


    長身を見上げる。

    乱れのない制服の着こなし。

    冷静さを持った目。

    ずっと変わらない。 春貴くんだ。


    「何ボーっとしてんの」
  • 31 リコ id:3xmXN3X/

    2011-08-08(月) 18:57:11 [削除依頼]

    未奈side

    「べ、別にボーっとしてないよっ」

    「あ、そう?
     てか久しぶりに話すなー」

    「そうだねー。
     クラス違うしね。教室も遠いし」


    春貴くんとは1年の時

    同じクラスで席も近かったから

    雑談して盛り上がったり

    けっこう仲がよかった。
  • 32 リコ id:FzdYQwK/

    2011-08-11(木) 13:00:12 [削除依頼]

    未奈side

    「せめて教室が近ければ
     1年ときみたいに一緒にいられたのにな」

    ポツ、となにかつぶやいた。


    「え? なんか言った?」

    「…ううん。なんでもない」

    そう言いながら
    目を伏せ、小さく笑った。


    この表情・・・変わってないなぁ。

    大人っぽく見えて、

    どこか自分の想いを抑えてる・・・


    「じゃあ、また会ったら話そうね! 
     バイバイ〜」

    「うん。バイバイ」
  • 33 リコ id:fMqX2mq/

    2011-08-12(金) 13:11:35 [削除依頼]

    了哉side

    なんで春貴が・・・!?


    あいつそんなに女子と関わりねーのに

    なんで村山と・・・?

    てか、春貴のあんな表情…初めてみた。


    「春貴と未奈ちゃんって…すっげ意外。  
     まさか付き合ってたりして〜??」

    立ち尽くすおれの横で秋斗が言った。


    ドクッ・・・

    ま、まさかな・・・


    ・・・この泣きたいような気持ちはなんだ。
  • 34 リコ id:1XLTb36/

    2011-08-15(月) 13:47:05 [削除依頼]

    了哉side


    「坂井くーん!もう食べないの??」

    「…ん。食う気ないから」


    (ねぇ秋斗。坂井くん最近どうしたの?)

    (さあ…。
     おれもあんな暗い了哉初めてなんだよ)

     
    生徒玄関で2人を見た日から1週間くらい。

    昼休みに村山たちと机をよせても

    おれは食べたらすぐに席を離れ、教室を出る。


    今日も屋上へと上がり、残りの時間をつぶした。
  • 35 リコ id:9pVNYAW/

    2011-08-18(木) 18:11:20 [削除依頼]

    了哉side

    「はぁーーーっ」

    いろいろ考え過ぎだ。おれ。


    たまたま2人は関わりあったんだって。

    それだけじゃん! 

    秋斗が言ったことだって冗談なのに

    何マジに考えてんだよ…。


    ガシャッ・・・

    フェンスにもたれ座り、空を見た。

    青空のすみを

    灰色の重い雲がおおい始めている。
  • 36 リコ id:ZL7NUII.

    2011-08-22(月) 13:28:40 [削除依頼]

    未奈side

    「んー…。いいよ」

    「本当? よかった〜ありがとう!」


    保健室。

    志保と代わって、今日はあたしが当番。

    「塾があること忘れちゃっててさ、当番お願いー!!」
    だって。

    いつもテストで学年5位内なのに塾行く必要ある!?

    今日は帰りに新しい服 
    見に行きたかったのに〜!!
  • 37 リコ id:hBPYmuj1

    2011-08-24(水) 13:30:13 [削除依頼]

    未奈side

    グラウンドが見える窓をからりと開けた。

    目の前に広がるグラウンド。

    さわ、と風が気持ちいい。


    「あ、夏希だ〜」 

    いつもおろしている髪をポニーテールにし、
    タイムを計ってる。

    ちゃんと真剣にマネージャーやってる!
    なーんか安心。


    ぱち、と他に視線を変えると。

    サッカーボールを追いかける数人の中に

    彼がいた。
  • 38 リコ id:hBPYmuj1

    2011-08-24(水) 17:43:14 [削除依頼]
     
    未奈side

    「あ…坂井くん!」
     
    はっ。思わず声に出ちゃった。


    振り返って保健室の中を見る。

    まあ、誰もいないけどね。


    「…てか、」

    最近の坂井くん。どうしたんだろ??


    昼休みにすぐどっか行っちゃうし…

    4人でいる時も複雑なカンジの顔だし…


    これからも4人で一緒にいたい。

    坂井くんと一緒にいたい。

    そう思うようになったのに、こんなのヤだ…

    走る坂井くんがうっすらとにじんだ。
  • 39 リコ id:hBPYmuj1

    2011-08-24(水) 18:18:32 [削除依頼]

    了哉side

    ・・・ポツ。

    腕に冷たいのが当たった。

    「お?」

    ポツ、ポツ・・・ザァァ・・・


    「うっわ!雨降って来たー」

    「とりあえず全員部室に集まれー」


    なんだよー、もう。
    いきなり降ってくるなよー!

    部室であるプレハブ小屋の屋根の下から
    強くなりつつある雨をにらんだ。
  • 40 リコ id:yzSCJNn0

    2011-08-25(木) 13:43:11 [削除依頼]

    了哉side

    「了哉。今日はもう中止だってさ」

    言葉と同時に

    視界の右のすみに人を感じた。


    「そうかー」

    答えながら右を向くと。


    一瞬、胸の奥がざわついた。

    「、春貴」


    「うん?さっさと着替えて校舎戻ろうぜ?」

    「あ、そうだな」

    部室で着替えると

    おれらは雨の中へ走り出した。
  • 41 リコ id:bL.3ew0/

    2011-08-26(金) 18:02:27 [削除依頼]

    未奈side

    「わ、雨……!」

    風と雨が窓から入って来たから

    急いで窓を閉めた。


    グラウンドにいる人たちは急いで部室に向かってる。

    「あー…。外部活はもう中止じゃん。
     坂井くんたち、かわいそうだなぁ」


    独り言を言ったとき、先生が入ってきた。

    「はあ、ひどい雨ねー!
     外部活もう中止だから未奈さん帰っていいよ?
     あ、でも帰り気を付けてね」

    「あ、はい。分かりましたー」

    先生はじゃあね、と言い保健室を出ていった。


     
  • 42 リコ id:eb7Oxl50

    2011-08-29(月) 12:06:07 [削除依頼]

    未奈side

    ガラッ!

    「未奈〜〜〜!! マジ最悪!
     びしょぬれだよ〜!?」


    帰り仕度をしようとカバンを持った時

    夏希が髪をぬらし、クシャッとした制服を着て

    保健室に入ってきた。


    「いきなり雨って外部活にはキツイよねー;
     もう早く帰ろー??」

    「あ、今日は…ゴメン!!
     秋斗と約束しててさ〜〜」

    「え? あ、そっか。
     秋斗くんと帰るの久しぶりだね〜♪」

    「へへっ うん♪ だからゴメンね;
     今度クレープ食べ行こ! おごります♪」

    「ありがとっ」

    「あっ! ねぇ、サッカー部も中止だし
     坂井くんと帰ったら!?」

    えっっ!?!?


     

     
  • 43 リコ id:eb7Oxl50

    2011-08-29(月) 18:05:19 [削除依頼]

    未奈side

    なんでそういう話になるの〜〜!?

    「なーんか坂井くん暗いしさ、
     もし理由あるんだったら聞いてあげなよ♪」


    ・・・うん、そうだね。

    いつもの坂井くんに戻ってほしい。

    あたしなんかでも彼の力になりたい。


    「…そうする! じゃあ秋斗くんと楽しんで♪」

    「うんっ♪バイバ〜イ!!」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません