永遠に君を・・・・(実話)35コメント

1 チュピピ id:Qrnl5gj0

2011-06-01(水) 16:52:14 [削除依頼]
小説初投稿ですっ!!実話なんで、上手にまとめられてないと
思いますが、よろしくお願いします!!
  • 16 チュピピ id:kCT8ENr0

    2011-07-29(金) 14:52:07 [削除依頼]
    しかもトマトって・・・
    やまとだろっ!!

    「はい、これで全員の自己紹介はおわりましたね!
    お、もう時間だ!!じゃあ次の時間は教科書類を配ります。」

    キーンコーンカーンコーン

    「きりーっつ、きおつけー、れーい」
    「「「ありがとうございました!!」」」
    ・・・あれ??いつの間にか終わってた!!
    体って自然に動くものなんだなあ〜

    〜一気に飛んで帰りの会〜
    「はい、明日は皆のお待ちかね!!
    席替えをしま〜す!!」
    「「「イエ〜〜〜〜〜〜イィ!!!!!!!!!」」」
    よかったあ〜!!今の席番号順だから高名の隣だったんだよねぇ〜

    「きりーつ、きおつけー、れーい」
    「「「さよーなら!!!」」」
  • 17 チュピピ id:kCT8ENr0

    2011-07-29(金) 15:02:39 [削除依頼]
    〜次の日〜
    「よし、今日の1時間目は、昨日言った通り
    席替えだ!!」「イエ〜ィ!」「よっしゃぁ〜!」
    「男女別で、1人ずつくじを引いてけよ〜」

    ドキドキドキドキドキ・・・・・

    引いてみた。開くと・・・
    16
    と書かれていた。
    黒板に書かれた表を見て探す。
    ・・・・・

    あった!!
    ・・・・・
    一番はじ!!

    16番の席は、一番窓側の一番後ろ。
    席を移動させる。

    隣の人は誰だろう??

    隣を見ると・・・
  • 18 かっちん id:pan7RI./

    2011-07-29(金) 15:32:01 [削除依頼]
    チュピピS、面白いお話ですね^^
    続きが気になりました☆
  • 19 チュピピ id:kCT8ENr0

    2011-07-29(金) 16:29:16 [削除依頼]
    かっちんさん、ありがとうございますっ
  • 20 チュピピ id:kCT8ENr0

    2011-07-29(金) 16:43:03 [削除依頼]
    でわでわ、続きを書かせていただきます!


    ・・・・・
    小暮!?
    えっと・・・・・・・・・・


    「隣、笹島さん?」


    え?


    「は、はいっ!よろしく・・ね!」
    うっわぁぁ〜
    話しかけてきたぁ〜
    ちょっと怖い・・・

    「よろしく。」

    うわ、なんか近くで見るとかっこいいかも・・・


    って、なに見とれてんだウチ!!


    その日から、ウチは小暮のことを意識するようになった
    ちょっとだけ・・・。


    〜2週間後〜
    この日は習字の授業があった。
    ウチはいたって普通に授業を受けていた。
    忘れ物もしてないし、ハプニングだって・・・

    無いと思っていた。

    授業が終わる10分前。
    ウチは筆を洗っていた。
    洗うっていうか、水の入ったペットボトルに
    筆を突っ込んでゆすぐだけだったのだが。
    ゆすぎ終わってペットボトルを机に置いたとき、
    片手に持っていた筆が落ちてしまったので、拾った。
    そ の と き

    ドンッ  ガタ  ビシャァァ〜
  • 21 七夕 id:0v3zhgn.

    2011-07-29(金) 16:47:08 [削除依頼]

    チュピピさん!
    面白いですねー!!
    更新頑張ってください。
    あとよかったら私の小説にも遊びにきてね!!
    下手だけど・・・
  • 22 チュピピ id:kCT8ENr0

    2011-07-29(金) 16:50:44 [削除依頼]
    七夕さん、ありがとうございます!
    ぜひ遊びに行かせてください!
  • 23 チュピピ id:kCT8ENr0

    2011-07-29(金) 17:10:16 [削除依頼]
    えっ・・・??
    机の上からは2つのものが落ちてきた。
    1つは空になった水が入っているはずのペットボトル。
    もう1つは黒い水。

    う、うそっ!!
    机の上を見ると・・・

    黒い水がたっぷり。
    拭かなきゃ・・・
    雑巾をとろうと思ったら・・・

    あああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!

    小暮さんの机にまで被害が!!!
    「小暮さん、ごめんなさいっ!本当にごめんなさいっ!」
    絶対許してもらえないっ!
    ・・・と、思ってたのに
    「別にいいよ。大丈夫だから。」
    と言って、自分の机を拭いていた。
    「ホントごめん!それ、ウチが拭くから!」
    ウチが悪いのに・・・
    「いや、いいよ。それより、笹島さんの所のほうが
    たいへんなことになってるよ。」
    とか言って、ウチの机まで拭いてくれた。
    「あ、ありがとう///」
    ウチが安心していたとき・・・

    「どうしたの?」
    と後ろから声を掛けられた。振り向くと、逆隣の
    川島さんがいた。

    なんていおう!!

    「えっと、あの、これはー、そ・・の・・・」
  • 24 チュピピ id:kCT8ENr0

    2011-07-29(金) 17:17:21 [削除依頼]
    今日はバイバイ(^^)/~~~
    今度の更新いつになるんだろ・・・
  • 25 チュピピ id:QX0Pw9s/

    2011-07-30(土) 13:33:02 [削除依頼]
    「俺がやった。」


    ふえ・・・・・・??
    「あ、これ陽輔がやったの?」
    「そう。俺が笹島さんのを倒しちゃったから、拭いてた。」
    「ふ〜ん。」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?????

    あれ?
    「ちょ、ちょっと!小暮さん!何であんなこと・・・。
    ウチがやったのに!!」
    かばってくれた??


    優しい・・・・・
    「良かったね、川島に何も言われなくて。」
    「でも・・・、いいの??」
    「うん。」
    優しい・・・優しすぎるよ。

    ありえない。
    こんなにいい人だったなんて!!
  • 26 チュピピ id:efI4q.z/

    2011-07-31(日) 12:23:47 [削除依頼]
    その日から・・・
    ウチは、小暮さんを好きになってた。
    しょうがないよね?あんなに優しくされたら・・・

    小暮さんがキラキラして見えた。

    〜休み時間〜
    「楓〜、友達できた??」
    鈴と瑠夏がウチの席に集まってきた。
    「何人かとは話したかなぁ〜ってくらい。
    2人は?瑠夏とかクラス全員と友達なんじゃ・・・」
    瑠夏、めっちゃフレンドリーだからな・・・
    「確かにね。全員と話はしたよ?」
    す、すげ・・・・
    「鈴は??」
    「あんまり・・・。」
    「そっか。」
    鈴らしい。
    「じゃあ2人とも、好きな人とかできた??」
    る、瑠夏!!
    「ウチ、2次元世界にしか興味ない。」
    オタクなだけあるわ・・・。
    「楓はできたよね???」
    「あはははは・・・」
    絶対ばれるな。
    「ええええ!!誰、だれ!?」
    ばれた。
    「はあぁ〜。小暮。」
    「小暮ってあの?馬鹿でアホで異常にかっこつけてる?」
    つか、さっきから瑠夏のテンション高すぎだろ。
    「そうだよ・・・」


    これで、2人にはばれた。
  • 27 チュピピ id:iolrFab1

    2011-08-01(月) 17:03:15 [削除依頼]
    〜帰りの会〜
    先生が皆に言ったこと。
    「よーし、明日は皆がお待ちかねの体力テストだ!
    今から準備しても遅いぞ〜
    先生は皆の結果がとっても楽しみだな!はーっはっはっは・・・。」
    先生・・・酒でものんだ??


    〜次の日〜
    「鈴ー、瑠夏ー、たーすーけーてー!!」
    「「は??」」
    やばいやバイやバイやバイやバイ!!!!!!!!
    運動苦手すぎるww
    「楓、それはこっちのせりふだから。」
    「そうそう、鈴の言うとおり!
    楓のマラソン大会の順位、ウチらと20位くらい差があるよね、よね?」
    「それあんま関係してない・・・」
    「「関係してる!!」」
    ・・・・・・・・・・・

    〜体力テスト〜
    どきどきどきどき・・・・・
    マジで苦手なのに・・・。
  • 28 チュピピ id:WuCNtGg0

    2011-08-26(金) 15:25:42 [削除依頼]
    う〜〜〜〜
    「お前ら〜、出席番号順に並べ〜!で、前から3人ずつグループになってけ。」
    123456・・・・・
    14、15・・・161718??
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ま・さ・か???
    「オレ、小暮と笹島?」
    後ろから声がした。
    18番は・・・
    椎野龍さんだった。
    っていっても、まだ良く知らない・・・
    ・・・ってそれより!!
    小暮さんと一緒!!
    ラッキー☆
    これなら・・・じゃないっ!!
    ウチが運動オンチなの知られたくないっ!!
    嫌われるかもっ!!
    いや〜〜〜〜〜!!

    なんて、色々考えてるうちに、体力テストは始まった。
  • 29 チュピピ id:VnUg8tg/

    2011-08-28(日) 15:30:57 [削除依頼]
    最初の種目は・・・握力。
    握力か・・・。握力ね・・・。
    ウチ。15?無いぐらいやばいんだよネ・・・。
    はぁ〜。
    「じゃあ、今から握力やるぞ〜。番号順だから、番がくるまで
    静かに待っているように!あと、終わった人も静かに待ってろよ!
    し〜ず〜か〜に〜だからな!!」
    しつこっ!

    がやがやがやがや・・・・・
    静かに待ってる人は・・・1人としていない。
    ウチも、その1人なのだが。
    まあ、小暮さんとたくさん話せるからいーんだけど☆
    そのとき・・・

    「さっさじま〜!!」

    う・・・
    この声は・・・いやな予感がする・・・
    振り向くと・・・・・

    やっぱり高名か!!!!!
    「笹島〜、ちょっと腕貸して〜」

    ???
    「なんで??」
    「いいからいいから。」

    よく分からないまま腕をだすと・・・

    いきなりつかまれ
    ・・・・・


    「いったあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!」

    今の状況を説明すると・・・
    ウチの腕を高名が掴んで、
    とてつもない力で握られた、というわけだ。
    「ちょっと〜、なにすんの!!」
    「握力の練習だよ〜☆」
    「ふざけんな!!」

    追いかけようとしたが、高名の足はすばしっこく、
    あっという間に逃げられてしまった。
    「いったぁぁ〜」
    高名が掴んだところには、あざができていた。

    「大丈夫?」
    「うん、大丈夫・・・」

    ん??

    顔を上げるとそこにいたのは・・・
    小暮さん!!

    やっぱ優しいな〜

    ウチはこのあと、
    色々なハプニングにあうことを、

    まだ、知らなかった・・・。
  • 30 チュピピ id:CP34p4A.

    2011-10-22(土) 18:44:41 [削除依頼]
    握力、反復横とび、ソフトボール投げ、20メートルシャトルラン!!!
    次から次へと流れ作業で行なわれる種目。
    運動オンチなうちにとっては、かなり辛かった。

    そして最後の種目、腹筋。
    「おい、おまえらよーく聞けよ!
    1回しか言わないからな〜。
    1人は押さえる係。もう1人はやる人。
    そしてもう1人は数える人だ。
    はい、じゃあ用意しろ〜、あと少しで始めるぞ〜!」

         めんどくさっ

    出席番号は関係ないらしいので、最初に小暮さんがやり、
    次に椎野さんがやった。
    ウチは両方数えていた。
    そりゃ当たり前か、3人の中で、女子1人だし。

    そしてとうとうやってきた、ウチがやる番。
    どうしよう、どうしよう!
    小暮さんと椎野さんがもめ始めた。
    女子のうちのことをどっちが押さえるか、でだ。
    ウチは・・・正直小暮さんに押さえてもらいたかったけど、
    そんなことになったらきっと、顔が真っ赤で
    腹筋どころではないだろう。

    ・・・と、そのとき、
    「2人ともやめなよ!小暮がやればいいでしょ!!」


    ・・・・・え・・・・・?
  • 31 チュピピ id:CP34p4A.

    2011-10-22(土) 18:56:28 [削除依頼]
    誰・・・?
    後ろを振り向くと、3人の女の子が小暮さんを
    睨んでいる。
    鈴、ゆあちゃん、舞香ちゃんだった。

    あ・・・れ・・・?
    今の声は、確かゆあちゃんだった。
    ちょっと強気の声。
    あれ?やっぱりおかしい。
    だって、小暮さんのことをスキってことは、
    鈴と瑠夏にしか言ってないハズ・・・・・
    でも、ゆあちゃんはそれを知っている。
    その隣で、舞香ちゃんも笑っている。

    と、いう事は・・・・・・・・・・

    鈴に近寄って確かめる。
    「鈴、ばらしたね?」
    「あはは、ごっめ〜ん!
    でも、2人とも応援してくれるって言ってるし、
    悪いことじゃないと思うよ?」
    「鈴〜〜〜><」

    はあああ

    っていうか、2人はまだもめてるし!
    ゆあちゃんと舞香ちゃんまで混ざってるし!!

    「はい、腹筋はじめる30秒前〜
    用意しろ〜」


         やばっっっ!!
  • 32 チュピピ id:CP34p4A.

    2011-10-22(土) 19:00:07 [削除依頼]
    登場人物(追加)

     小早 ゆあ(こはや ゆあ)
     勝気な性格。社長令嬢。
     
     船渡川 舞香(ふなとがわ まいか)
     かなりの毒舌。こちらもお嬢様。
  • 33 チュピピ id:CP34p4A.

    2011-10-22(土) 19:00:53 [削除依頼]
    おち
  • 34 チュピピ id:wnDyOUw0

    2011-10-29(土) 17:12:03 [削除依頼]
    いまだに争う4人。
    それを見て笑っている鈴。
    刻々と迫ってくる腹筋の始まり。
    そして、どうすることもできないウチ。

    「腹筋はじめる10秒前〜。」

    それを聞いた4人の争いは止まった。
    ひとまず安心だ。

    「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1」

    「スタート!」

    始まっちゃった!!
    周りでは腹筋をやっている。その中でやらない3人。
    もうウチ、やんなくていーや。
    あきらめかけたそのとき、

    「ったく、しょうがねーな」
    といってウチの足を押さえる人。
    それは、小暮さん。
    「小暮えらい!!」
    と言うゆあちゃん。

    「楓ちゃん、早く!!」
    という舞香ちゃん。

    ウチもそれに乗せられて腹筋をはじめた。
    ただ、起き上がるたんびに小暮さんの顔が目の前にあって、
    顔を真っ赤にしながらやっていたのは、
    周りの人に聞くまでも無かった。

    終わったときのうちはへとへとで、
    腹筋よりドキドキに体力を使ったんじゃないか、
    と思うほどだった。
  • 35 チュピピ id:cHIVT5B.

    2011-11-07(月) 12:04:26 [削除依頼]


    体力テストも無事(?)終わり、最近暇だなーと感じている。
    あれから、小暮さんとは何の進展も無いまま進んだ1週間。
    隣の席にいるだけでも十分って感じ。

    十分って感じだったのに。

    それは、算数の授業中だった。
    「ねえねえ、笹島さん」
    ここまでは別になんとも無かったのに。
    小暮さんのほうを向いた瞬間、
    小暮さんが持っているものに気をとられた。

    え・・・・・・・?

    鉛筆・・・?

    小暮さんは鉛筆を持っていた。
    それも、かわいい女の子用。

    「こ、これ・・・、あげる。」
    これをウチに??
    「えと・・・。え?いいの?
    ってか、何でこんな鉛筆持ってんの?」

    小暮さんって、まさか男装女子?
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    なわけない。

    「あ、これ。
    オレの母さんが使うって言って買ってきたんだけど、
    やっぱり使わないらしくて。
    こんなのでよければあげる。」

    「あ、ありがとう!!」
    嬉しい・・・・!
    小暮さんからのプレゼント!

    「お、おう///」

    あ、あとでお礼ぐらいあげなきゃっ
    今日買いにいこう!

    そう決心したのだった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません