最終兵器(リレー企画)30コメント

1 アストロ id:VCFdPrV/

2011-05-31(火) 21:02:01 [削除依頼]
時は、2034年「第1次火星地球間戦争」のさなか一人の平凡な大学生がいた。
彼は、彼は、地球国連第3大学に通う、19歳。父は、「地球軍及び地球所属スペースコロニー防衛軍」の将軍。
そんな彼には、この戦争を終わらせる最終兵器が隠されていた。しかし誰もその存在を知らない。

こんな設定で、始めます。
では、スタート
  • 11 ユナ id:X6VycW//

    2011-05-31(火) 21:43:31 [削除依頼]
    >>10無視して
  • 12 アストロ id:VCFdPrV/

    2011-05-31(火) 21:44:05 [削除依頼]
    「空間移動反応を感知」
    「提督、ご命令を」
    直ちに防衛用バリアを12時の方向
    に、張れ。そして、防衛艦をミサイル迎撃
    に備えさせろ。」
  • 13 アストロ id:VCFdPrV/

    2011-05-31(火) 21:44:57 [削除依頼]
    後30分ぐらい抜けます。
  • 14 アストロ id:VCFdPrV/

    2011-05-31(火) 21:47:11 [削除依頼]
    好きにしていいよー
  • 15 アストロ id:VCFdPrV/

    2011-05-31(火) 21:48:08 [削除依頼]
    ていうか、これからどういう展開がいい?
  • 16 アストロ id:VCFdPrV/

    2011-05-31(火) 21:48:40 [削除依頼]
    失礼します
  • 17 ? id:VCFdPrV/

    2011-05-31(火) 22:35:54 [削除依頼]

    乗組員「空間移動反応を感知」
    提督 「援軍か」
    乗組員「違います、莫大なエネルギーです。」
    そして、空間移動した火星からの陽電子圧縮砲は、艦隊の不意を突き、地球軍の第1・2・3・4・5・6艦隊は、
    全て壊滅した。
    間もなく、火星軍は、地球に上陸し、人間同志の殺し合いが始まった。
  • 18 ? id:VCFdPrV/

    2011-05-31(火) 22:48:39 [削除依頼]
    神山は、その頃地下を拠点とし抗戦していた。
    am.11:25
    神山は、アジア支部の第七大師隊の隊長であった。
    神山「山の向こう側に、敵の基地があるんだよ。確認できないのか」
    兵士「本部は、何をしているのでしょうねー」
    本部「確認した。一旦、退却してくれ。」
    神山「それは、出来ない。敵が核融合弾頭ミサイルを無数に配置しているからだ」
    本部「なんだと、こちらでは、確認出来ない。ミラージュコロイドか」
    本部「今から、第二大師隊と第一航空部隊を向かわせる。恐らく、30分後だ。」

    神山「間に合わねえな、俺たちで時間を稼ぐか。」
  • 19 ? id:VCFdPrV/

    2011-05-31(火) 23:05:11 [削除依頼]
    一行は、ミラージュコロイドをして、基地の正門にたどり着いた。
    神山「ここの警備兵をまずやるぞ。」
    合図とともに、全ての警備兵を全員でヘッドショットした。
    神山「よし。おい、お前、あそこに有るリアクターをプラズマバズーカで撃て
  • 20 ? id:pvnDmnU1

    2011-06-01(水) 00:08:22 [削除依頼]
    「ギュイーーン、ジューーン」
    砲兵「命中」
    「ズドーン」
    リアクターは、爆発し、基地に、サイレンが鳴った。
    ー核融合弾頭ミサイルの発射は遅れたはずだ。ー
    そして、一行に向けて大量のビームが向かってきた。
    兵士「うわーーーーーーー」
    そして、大半がやられた。
    神山は、連行された。
    そして、なぜか司令官と思われる部屋に連れて来られた。
    神山「父さん、生きてたのか。でもなぜ、こんなことを」
    神山の父、佳祐「あのミサイルは、密かにヨーロッパの火星軍基地に照準が向けられている。
    そうこれから一掃し逃げるつもりだった。しかし、ここでおまえが来た。」
    「……そろそろお前に教えなければ、ならないようだな。」
    神山通「何を」
    佳祐「お前に武器はいらない。自分を信じて己の腕から解き放て。」
    通意味が分からない
  • 21 ? id:pvnDmnU1

    2011-06-01(水) 00:19:05 [削除依頼]
    佳祐「俺には、協力者が17人いるから逃げられるが、お前は、連れてけない、
    お前に、戦闘機を貸すから、一人でヨーロッパに、いけ。座標は後で送る。」
    後10秒で、ミサイルの発射だ。そして、
    佳祐「あとでな、通。」
    通「はっ、意味わかんねえよ。」
    ドアが突然開いた。そして、敵の特殊部隊が入って来た。
    特殊部隊の兵士「神山佳祐、反逆罪で拘束する。」
    しかし、部屋には、通しかいない。
    特殊部隊の兵士「神山佳祐は、どこだ。答えろ。」
    ー自分を信じるー
    その時通の手が、発光した。
  • 22 ? id:pvnDmnU1

    2011-06-01(水) 00:21:08 [削除依頼]
    そして、時間は止まった。
    ーなんだ、これはー
  • 23 神喰 id:rYFdJQl1

    2011-06-01(水) 02:01:43 [削除依頼]
    世界感はすばらしいのに…
  • 24 アストロ id:pvnDmnU1

    2011-06-01(水) 18:47:49 [削除依頼]
    誰かやって
  • 25 アストロ id:pvnDmnU1

    2011-06-01(水) 21:44:59 [削除依頼]
    誰かー
  • 26 俺 id:L1oC64c.

    2011-06-02(木) 01:36:41 [削除依頼]
    世界観は素晴らしいのだが
  • 27 匿名 id:vk-.CN..8x1

    2011-06-02(木) 09:35:38 [削除依頼]
    ――オンドレを信じろ、このボケが。
    突然、どこからともなく脳裏にそんな言葉が響いた。声質からして、おそらくは男性のものと思われる。
    「誰だ」
    神山は辺りを見回した。しかし、そこには一切の音を失った灰色の世界が広がるだけで、人影はどこにも見当たらない。それどころか、気配すら感じない。
    「どこにいる、姿を見せろ」
    握り締めた拳を震わせて、神山は精一杯に怒号を発した。空に消えゆく自分の声が微かに震えているのが判る。我ながら、情けないと思う。
    ――何や、怯えとんのか。この軟弱モンが。
    嘲笑うような調子で、声はそう罵った。
    「ヘタレなのはアンタだろ」
    まるで彼の心の中を見透かすような言葉に、神山も思わず感情的になる。
    ――なんや、泣いとんのか。
    「泣いてない」
    必死に空に向かってそう訴えるものの、神山の声は少し潤んでいた。
    「姿を見せろ。どこにいる」
    今にも溢れ出しそうな恐怖をなんとか抑え留めながら、神山は続ける。すると、謎の声は、あからさまな溜息に変わった。
    ――ハァ、アンタも学が低いこっちゃな。
    「なんだと」
    ――まあまちぃや。
    喰い下がる神山をあしらって、声は一人続ける。
    ――あんさんにあと一回チャンスやる。それでどうにもならんならワイはもう知らん
    「何、どういうことだ」
    そう叫ぶ神山のことなど意にも介さず、声は
    ――ほなせいぜい頑張れや
    とだけ残すと、やがて声は神山に一切応えなくなった。
    「どういうことだよ。ちゃんと説明しやがれ」
    何度叫ぼうと、まるで深い溝に向かって無意味に呼びかけているようで、神山はとてつもない虚しさに襲われた。世界はまるで空虚で、側には特殊部隊の兵士もいるのに、今ではさも石像の如く活きていないところを見ると、深い孤独と絶望しか湧いてこない。崩れるように、神山は兵士の足元に座り込んだ。
    「なんなんだよ、一体」
    やげやりにそう独りごちていると、ふと視界の端で、真っ白い何かがちらつくのに気付いた。力なく立ち上がってみると、そこには、一本の細い亀裂が生じていた。何もなかったはずの空間に突如として走ったそれは、丁度指二本分の幅に開き、淡く発光している。興味を惹かれた神山は、そこに恐る恐る、両手の人差し指を挿した。
    額から流れる汗が、顎を離れ、落ちる。意を決したように、神山が渾身の力で左右に引っ張ると、亀裂は大きな穴に変わり、そこから視界を遮らんばかりに眩しい光が溢れ出した。地球の空に輝く太陽のように真っ白いそれは、やがて神山を覆い、神山が見る世界の全てを包み込む。
    「あれは……」
    白い光の先に、薄い陰が浮かび上がる。その存在を認めた瞬間、神山の意識は、その白い光の中に溶けていった。
  • 28 匿名 id:vk-.CN..8x1

    2011-06-02(木) 09:47:23 [削除依頼]
    訂正
    ×神山

    ○通
  • 29 みなこん id:L1oC64c.

    2011-06-02(木) 21:57:23 [削除依頼]
    続きが楽しみ
  • 30 みなこん id:9/.kOeP1

    2011-06-03(金) 15:18:26 [削除依頼]
    つづかないの?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません