いつになったらあたしの恋は実りますか?10コメント

1 深空 id:Rt5Md0N0

2011-05-28(土) 19:05:22 [削除依頼]
あたしの実話をのせます!
よければ
感想ください♪
  • 2 深空 id:Rt5Md0N0

    2011-05-28(土) 19:16:11 [削除依頼]
    神様によって作られた
    アタシと貴方の道。
    この運命の道は目にはみえない。
    そして、あなたへの地図だってない。
    だからアタシは貴方に出会うために恋をする。
    時には迷い、時にはまちがえながら・・・。
    貴方もきっと同じように、
    アタシを探しているんだろうね。
    アタシたちは、もう出会ってるのかな?
    それとも、見知らぬ土地で生きているの?
    早くめぐり合いたい。
    貴方と愛し合いたいよ。
    たとえそれが、偽りや歪んだ愛だとしても。
    恋が終わりを告げたって、
    貴方とならまた、めぐり合えるよね。
    この道をたどって
    いつかアタシは貴方を探し出すからー
    それまで待っていてね。
  • 3 深空 id:Rt5Md0N0

    2011-05-28(土) 19:24:36 [削除依頼]
    ー和哉。
    アタシが愛してる人。
    でも、和哉の瞳はアタシを見ていない。
    アタシの姿を見ても、声を聞いても。
    貴方はアタシの中にあるいとこの面影をさがしているよね?
    アタシの2つ上の姉的存在の香苗の姿を。
    そう・・・
    和哉はいとこの香苗を愛している。
  • 4 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 19:28:44 [削除依頼]
    切ないですね…。
    続きがすごく気になります!
    これからも読ませていただきますねっ

    私も実話を元に書いた小説、「始めて、君と。」を書いてます
    よかったら来てみてください♪

    でわ、更新頑張ってください
  • 5 深空 id:Rt5Md0N0

    2011-05-28(土) 19:36:55 [削除依頼]
    和哉とアタシー深空が出会ったの物心ももってない
    ほどに幼い頃。
    両親を亡くしいとこの両親にひきとられた2歳のアタシと
    4歳の香苗を連れ、仮両親は購入したマンションに
    引越しをしたんだ。
    そして、マンションの隣室に和哉とその家族が
    住んでいた。
    和哉はその時、3歳。
    仮両親と和哉の両親は子供の年齢も近いからか、
    すぐに意気投合した。
    アタシと香苗、そして和哉は
    同じ幼稚園に通った。
    小学校、中学校も同じ。
    いつも3人は一緒だったー
    小学校に入ったばかりの頃、アタシは初めて
    恋を覚えた。
    相手はもちろん和哉。
  • 6 深空 id:Rt5Md0N0

    2011-05-28(土) 23:41:21 [削除依頼]
    瑠羽音s
    ありがとうございます!
    絶対瑠羽音sのみます
  • 7 深空 id:FQDe9Ld1

    2011-05-29(日) 08:36:32 [削除依頼]
    和哉に対する気持ち、
    これがすきってことなんだ・・・。
    その事に気づいたアタシは、すぐにいとこの香苗に相談をした。
    今思えば、子供ながらに何かを感じて、
    アタシは香苗に言う事で、
    「和哉はアタシの!」
    とアピールしたかったのかもしれない。
    その日の夜、香苗は
    「同じクラスの男の子が好き」
    と顔を赤く染めながら言った。
    その瞬間、ホッとした気持ちがしたのを覚えてる。
    ーでもそのとき、気づけば良かったんだ。
    和哉の気持ちが香苗に向いてるって、
    うすうす感づいていたから不安だったんだってことに・・・。
    このとき、引き返していたら、
    こんなにつらい思いをしなくても良かったのにー
  • 8 深空 id:FQDe9Ld1

    2011-05-29(日) 08:41:20 [削除依頼]
    3人の関係は、表面的には
    変わりなく続いていった。
    アタシが中学2年の春までは・・・。
    あのときのショックは
    きっと一生忘れられない。
  • 9 深空 id:FQDe9Ld1

    2011-05-29(日) 08:57:24 [削除依頼]
    桜が舞い散る中学の校門ー
    アタシはいつものように
    帰る支度をして校門で
    和哉と待ち合わせをしていた。
    気持ちを落ち着かせるため、
    アタシはポケットからキャンディーを取り出すと、
    口に放り込んだ。
    甘い匂いが香水のように広がって、
    アタシの心をほぐしてく・・・。
    風に吹かれて舞ってくる桜の花びら。
    あたたかくなった、春の風・・・。
    香苗が高校に入学し、
    いつもの3人の登校が
    和哉とアタシのふたりきりになった。
    そして、自然と香苗と和哉の距離が離れた。
    アタシにとって、いままでとは違う
    幸せな春の訪れだったの。
    だけどアタシは、和哉に恋をした日からずっと、
    漠然とした不安を消せずにいた。

    ー和哉が好きなのはアタシじゃなくて、
    香苗なんじゃないかな?

    間違ってると思いたいけど、
    長年一緒にいるアタシの勘。
    しばらく待ち続けると、
    遠くに和哉の姿が見えてきた。
  • 10 深空 id:FQDe9Ld1

    2011-05-29(日) 09:17:53 [削除依頼]
    茶色い髪がサラサラ風に揺れて、
    すこし嫌そうに髪を払っている。
    和哉は3年になってすぐ、
    髪を茶色に染めた。
    その髪色が似合っていて、
    アタシは余計に和哉を好きになった。
    アタシを見つけ、和哉は走ってきた。
    そして、隣に並んで歩き出した。
    「待たせてごめんな!」
    「うん、大丈夫」
    「あ、いい匂いするなー。飴食ってたの?」
    「ん・・・。で、どしたの?」
    いつもと少し違う和哉の
    秘密をあかすようなこわばった顔。
    「いきなりだけど、カレシとか
     好きな男とかいる?」
    和哉はいきなり意外な言葉を口にした。
    高まる鼓動。
    次の一言に対する期待・・・。
    しかし、アタシが口を開く前に
    和哉が言葉を続けた。
    「オレさ、香苗が好きなんだよ」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません