初めて、君と。〜実話〜25コメント

1 瑠羽音 id:JX.cnwa.

2011-05-28(土) 13:06:52 [削除依頼]
初めて、恋をした。
初めて、君と付き合った。
何もかもが、初めてだった。

いま、君は何をしているのかな?

毎日、そんなことを思いながら泣いているよ。

でもね、君が幸せならそれでいい。

世界で一番、幸せになってください。

君が幸せなら、私も幸せだから。

初めての恋は、辛くて苦しかった。 
でも、君を好きになってよかった。
人を愛する気持ち、知れたから。

ありがとう。

君に出会えて幸せでした。

ずっと、君との思い出を忘れません。

さよなら

誰よりも愛おしいあなた。
  • 6 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 14:04:41 [削除依頼]
    教室の中に入り、自分の席へついた。
    そして、大きく深呼吸をする。

    まだ、ドキドキしてるよ。
    …これが、恋なんだ。
    初めて恋したから、よくわかんないよ…。

    「あれ、麻歌、来るの早いね?」 

    私は、声のする方へと顔を向けた。
    そこにはーー。

    「鈴っ」

    私の親友の鈴だった。
    鈴は、私の隣の席に座り、不思議そうに私を見た。

    「いつもは、もっと遅いよね?なんかあった?」

    ギクッ
    さすが、親友。
    私のこと、よく知ってますね。  
  • 7 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 14:10:21 [削除依頼]
    「あのね、さっき陽介に会ったんだ」
    「うん」
    「そしたら、ドキドキが止まんなくなって…」
    「…麻歌、それって」

    鈴の言いたいことがすぐにわかった。
    だって、私もはっきりと自覚したから。

    「私、陽介が好きみたい」
  • 8 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 14:14:01 [削除依頼]
    いまはここまで!
    また後で更新しよっと…。

    誰かきてくれないかなー…
    一人は寂しいですぉ(;_;)
  • 9 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 14:57:47 [削除依頼]
    いまから更新するぞーっ

    じゃ、すたーと
  • 10 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 15:12:44 [削除依頼]
    「そっか。何で好きになったの?」
    「…え?」
    「まさか、わからないの?」

    …はい、わかりません。
    何で好きになったんだろう?
    前、友達に陽介が好きって言った後に、急に意識し始めて…。
    やばい、何で好きになったかわからないっ!!

    わたわたしている私を見ていた鈴は、ため息をついて私の肩をぽんっと叩いた。

    「麻歌、それ恋じゃないんじゃない?」
    「えっ!?じゃあ、ドキドキは何!?」
    「うーん…。まだ、恋まではいってないけど、好きになる途中みたいな?」
    「……好きになる、途中」 

    確かに、そうかもしれない。
    え、じゃあ、今から私、陽介に恋するの!?
    確かに、陽介は優しいししっかりしてる。
    でも、好きかー…。
    やっぱ、まだよく分かんないや。
    好きになったら、考えればいいよね?
    今はまだ何も考えなくていっかな。 
  • 11 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 15:21:49 [削除依頼]
    鈴の言う通り、この時の私はまだ好きになる途中だった。
    でも、私が陽介をホントに好きになるのにそう時間はかからなかった。
    好きだってちゃんと自覚したけれど、告白はしなかった。
    告白をして今の関係が壊れるのがイヤだったから。
    ただ、それを恐れていただけ。

    月日は流れ、私は中学3年生になった。
    中学校に入ってから、陽介とはあまり話さなくなった。
    変に意識しちゃったから。
    クラスは、1年・2年・3年と同じだった。
    話さないから、進展なんてなかった。
    もちろん、告白なんてしなかった。 
    私は、自分のこの気持ちをずっと胸の中に閉まっておいた。
  • 12 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 16:18:44 [削除依頼]
    今日はここまで!
    まぁ、また夜に来るかもww
  • 13 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 19:06:09 [削除依頼]
    でも、たった一人、私の気持ちを知っている人がいる。
    親友の鈴だ。
    鈴には、隠し事なんてしたくないから。

    「麻歌、高校どこに行くか決めた?」

    鈴は私の顔をのぞき込んで聞いた。
    あぁ、もうそんな時期か。
    鈴に言われるまで気づかなかった。

    「んー、大体は決まってるかな」
    「そうなんだ。もしかして、美術専門の学校?」
    「うん。鈴は、医療関係の高校?」
    「たぶんね。まだ、ハッキリとは決まってないけど」

    鈴はそういった後、

    「陽介と、高校離れるね」

    と言った。 

    …そうだ。
    陽介は成績がいいから、難関校に行くって言ってたな。
    私は美術の専門校に行きたいから、成績がよくても行けないし…。
    寂しくなっちゃうな…。

    「麻歌はさ、このままでいいの?」

    …え?

    「自分の気持ち伝えないで、このまま卒業して、高校離れて。そしたら、もう話せないし会えなくなっちゃうんだよ?それで後悔しないの?」

    鈴は悲しそうに目を細めて、私を見た。
  • 14 瑠羽音 id:JX.cnwa.

    2011-05-28(土) 19:24:42 [削除依頼]
    このままでいいわけない。
    そう思ってるけど、怖いんだよ。
    気持ち伝えてさ、もしフラれたらどうしようって。
    4年間片思いして告白した結果が、ダメだったって。
    そんなの、やだよ…。
    マイナスに考えちゃうから、前に進めないの。
    勇気があれば、伝えれるのかな?

    「不安な気持ちは分かるよ。フラるのは誰だって怖いもの。でも、付き合いたいって思うから、みんな勇気を出して告白するんじゃないの?逃げてばかりじゃ何も変わらないから、頑張るんじゃないの?」
     
    鈴は私の手をぎゅっと握った。
    あったかい…。

    「私、応援するよ?麻歌のためなら、何でもする。だから、麻歌も頑張ろう?勇気出してみようよ」

    私の胸に、鈴の言葉が響いた。
    …そうだよね、逃げてばかりじゃ何も始まらないよね。
    私の気持ちに素直になってみよう。
    鈴が、応援してくれるのだから。
  • 15 深空 id:FQDe9Ld1

    2011-05-29(日) 08:21:46 [削除依頼]
    この先が気になる!
    早く書いてーーー!!
  • 16 瑠羽音 id:y5Jmlld0

    2011-06-04(土) 10:24:15 [削除依頼]
    深空さん

    遅くなってすみませんorz
    いまから続き書きますね
  • 17 瑠羽音 id:y5Jmlld0

    2011-06-04(土) 10:54:58 [削除依頼]
    私は、陽介に気持ちを伝えることにした。
    でも、伝えるのは高校受験が終わってから。
    今は、受験を受からなければ陽介に告白なんてできない。

    「受験まであと一ヶ月だね」

    鈴は、ふぅっとため息をついた。
    …鈴の言う通りだ。
    あと少しで受験が控えている。

    私は、この一ヶ月前に親と先生と私で、三者面談をした。
    私が希望した、美術専門校に行くことになった。
    親も先生も納得してくれて、嬉しかった。
    鈴は、看護学校にいくことにしたみたい。
    陽介は、城南高という、かなりレベルが高い学校にいくみたいなんだ。
    みんな、大変だろうけど頑張ってほしいな。
    私も頑張んなきゃね! 
  • 18 瑠羽音 id:y5Jmlld0

    2011-06-04(土) 11:13:03 [削除依頼]
    「そういえば、麻歌は受験、みんなより早いんだっけ?」
    「うん。二週間後だよ」
    「勉強とか大丈夫なの?」
    「なんとか。でも、デッサンが心配なんだよね…」
    「自信もって頑張りなさいっ!私、応援してるから!!」

    鈴はにこっと笑って、私の手をぎゅっと握った。
    …そうだよね。
    消極的になっちゃダメだよね。
    よしっ、元気が出てきた!!

    「受かったら、一番に教えてよねっ!陽介に一番はダメだからっ!!」

    鈴の声が教室に響く。
    …教室に私たち以外誰もいなくてよかった。
    こんなの聞かれてたらやばいもんね。

    「当たり前だよっ!一番に鈴に教えるから」

    鈴は納得したのか、私の手を引いて、

    「じゃ、帰ろっか」

    といった。
    辺りはまだ、淡いオレンジ色に包まれていた。
  • 19 あや id:QdV6LfM1

    2011-06-04(土) 11:16:33 [削除依頼]
    面白いですね。☆
  • 20 瑠羽音 id:y5Jmlld0

    2011-06-04(土) 11:49:13 [削除依頼]
    あやさん

    お、おもしろいですか!?////
    あわわ、うれしいです!
    これからもおもしろいって言っていただけるようなのを書いていきますのでよろしくです!
  • 21 瑠羽音 id:y5Jmlld0

    2011-06-04(土) 11:55:57 [削除依頼]
    ーー受験日前日

    「いよいよ、明日だね!頑張ってきてね、麻歌!」
    「ありがとう!頑張ってくるね!」

    私は、クラスの人みんなから応援され、明日の受験に望む。

    「麻歌」

    …この声って、まさか。

    「陽介…」

    もう、ずっと話してなかったから、話しかけられるなんて思ってもいなかった。

    「明日、頑張れよ」

    陽介は、そう一言だけ笑顔で言って、友達の元へと走っていった。
    …どうしよう。
    うれしい。
    すごく、うれしいよ。
    明日、全力で頑張ってこよう!!
  • 22 瑠羽音 id:y5Jmlld0

    2011-06-04(土) 12:06:38 [削除依頼]
    ーー受験当日 

    まだ、吐く息が白い二月。
    ふわふわと白い宝石が、淡いグレーの空から舞い降りてくる。

    「緊張してきたぁ…」

    周りには、私と同じで美術専門校の受験を受けにきた人達。
    ざっと200人くらい…? 
    たぶん、かなりの人が落ちるだろうなぁ…。
    その中に私も入っちゃうのかな…。
    ううん、そんなことを考えちゃダメ!!
    みんな、応援してくれたんだから!
    それに、この日のために勉強だってデッサンだって頑張ったの。
    だから、大丈夫。
    私は、できる。

    このとき、頭の中にーーー、

    「明日、頑張れよ」

    陽介の笑顔が、浮かんだんだ。   
  • 23 瑠羽音 id:y5Jmlld0

    2011-06-04(土) 12:56:52 [削除依頼]
    「ーーえ〜、では、これよりデッサンの試験を行います。時間は50分です。課題は、机の上に乗っていますので、その中から自由に選んで描いてください。では、始めてください」

    試験官の合図により、デッサンの試験が始まった。
    3教科の普通科目テストは、デッサン試験の前に終わったんだ。
    全力を尽くしてきたよ。
    さぁ、今からはデッサンに集中しなきゃ!
    何を描こうかな…。
    そう思い、課題の冊子をめくった。

    パラ…

    「あ…っ」

    私の目に止まったもの。
    それは、少年の笑顔だった。
    心なしか、陽介に似ている気がした。

    てか、私の頭の中、陽介でいっぱいじゃん!
    やばい、今からはちゃんと集中しなきゃ!!

    結局、私は少年ではなく花畑の絵を描いた。
  • 24 鈴華 id:y5Jmlld0

    2011-06-04(土) 20:49:04 [削除依頼]
    おもしろいですね!!
    文才ありすぎですっ!!
    これからも更新がんばってください!
  • 25 瑠羽音 id:wumcUyb/

    2011-06-07(火) 21:55:03 [削除依頼]
    更新したいけど。。。寝よw
    明日書くかー
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません