クリエイティブ!-ある日の殺人事件-6コメント

1 キララ id:hLuO.rh1

2011-05-28(土) 10:20:41 [削除依頼]
   「プロローグ」

ポロロロロン…
黒鍵ピアノの重々しい音色が
教室をシンとさせた。

そこから、湧き出てくるように
おぞましく奏でられる音楽…

全ては、ひとつの“詩”から…
独創的な殺人が、始まる。

    「END.」
  • 2 キララ id:hLuO.rh1

    2011-05-28(土) 10:42:27 [削除依頼]
         「登場人物」

    -井上 亜季-
    “詩”(ウタ)を聴いたひとり。
    黒髪美人。
    性格は大人しいがいざというときは
    立ち向かうタイプ。

    -大家 哲-
    同じく“詩”を聴いた。
    真面目で優秀。
    亜季のことを想っている。

    -室 梨衣奈-
    同じく“詩”を聴いた。
    体育会系の元気っ子。
    最近付き合い始めた彼氏がいる。

    -加藤 智貴-
    同じく“詩”を聴いたひとり。
    インドア派。
    けど運動神経はバツグン。
  • 3 キララ id:hLuO.rh1

    2011-05-28(土) 11:07:01 [削除依頼]
    「1」

    「あ〜〜きっ!」
    後ろから背中を叩かれる。
    「ミカ!次、移動するの?」
    「うん、てゆ〜かぁ!
    亜季、竹内先輩に告られたって本当!?」
    親友のミカが顔をぐいっと
    押し付けて訪ねてくる。
    「本当……だけど…」
    「え〜〜!!!マジなんだぁ!凄いじゃん!
    やっぱ亜季可愛いからな〜」
    …確かに、ここの大学一格好良くて
    モデル並みの先輩には告白された。
    …けど、
    「お断り…しました」
    次に、ミカの悲鳴が聞こえたのは
    言うまでもなかった。
    そこから質問責めが始まった。
    「何でよっ!!アンタ、竹内先輩よ!?」
    「どこが嫌で断ったのよ!!」
    「一生に一度の大チャンスなのよ!?」
    「亜季はそれを棒に振るの!?」
    …ミカの責めは延々と続いた。
    勿論、その噂は大学中に広まった。
    “竹内が1年の井上にフラれた”
    この言葉が大学中に踊る。
    女子からの責め、男子からのからかい。
    挙げ句の果てには女子からの嫌がらせが
    相次いで勃発し、私は疲れ果てた。

    「もう嫌…」
    迷惑メール(全て女子から)で携帯の
    受信ボックスは容量オーバーとなった。
    しろい目で見られながら、
    私は誰もいない木陰の隅へ辿り着いた。
    涼しい風が吹き、暖かい太陽の日差しが
    心を癒やしてくれた。
    梅雨は開けようとしているようだった。
    「あったかい…」
    太陽に顔を向けると瞼を閉じていても
    日差しが差し込んできて、安心した。
    コツコツ…
    「井上?」
    名前を呼ばれた…
    誰?

    私は、ゆっくりと目を開いた。
  • 4 キララ id:hLuO.rh1

    2011-05-28(土) 11:36:36 [削除依頼]
    「やっぱり、井上だ。久しぶり!」
    安堵した笑顔で語りかけるこの男性…
    見覚えが、ない…
    「あれ?覚えてないかな。俺、俺!
    大家!大家哲だよ!」
    オオイエ、テツ……
    私は、聞いてはいけないものを聞いて
    しまった気がした。
    記憶を、掘り起こす…
    「あ…!!」
    「思い出した?」
    明るい笑顔…
    靨(エクボ)が見えて…
    目が細まって笑う…
    「哲くん!?大家哲くんなの!?」
    思い出した。
    …いや、思い出してしまった。
    中学時代のあの頃に触れることで
    そのことによって、変わる、
    私の運命……

    この時、ふたりは忘れていた。
    再会した嬉しさが大き過ぎて
    重大な記憶の節目を……

    哲は、靨を絶やさなかった。
  • 5 キララ id:hLuO.rh1

    2011-05-28(土) 16:02:29 [削除依頼]
    その夜、事件は起きた。
    私はいつも通り朝食を取っていると…
    「…では、続いてのニュースです。
    ○○県の文瑛国大学の名誉教授、
    笹谷信男さん48歳が昨夜、何者かに
    刃物のような物で数十ヶ所刺され
    病院に運ばれましたが、死亡しました」

    「っ…!?!?!?」
    息をのんだ。
    この大学…文瑛国は私の通っている大学!
    それに笹谷先生は私のとっている
    授業の教授だ。

    「嘘……」
    あまりにいきなりの死だった。

    ♪♪♪〜♪〜〜
    携帯が鳴る。液晶画面を開くと、

    From:ミカ
    To:一斉送信
    Re:お通夜をします。
    文瑛国大学の笹谷信男教授が、
    お亡くなりになられました。
    朝方、それを知ったので、
    今日の午後4時、お通夜の支度をしに
    文瑛市セレモニーにて行います。

    …だって、参加するよね?
    亜季TV見た?ショックだよ…
    私、先生の授業好きだったのに…

      -------END--------

    …とあった。
    本当に、死んでしまったんだ。
    ♪♪♪〜♪〜
    ?またメール?
    今度は、哲くんからだった。
    昨日、アドレス交換をした。

    From:哲くん
    無題:
    もう聞いたよね…笹谷先生の件
    早く事件が解決すればいいね。
    とても残念だよ…
    お通夜は出席するでしょう?
      --------END--------

    ああ、やっぱり。
    …そして、先生は呆気なく焼かれた。

    そこから、始まってしまう恐怖を
    私たちは知らなかった。
  • 6 キララ id:hLuO.rh1

    2011-05-28(土) 16:06:54 [削除依頼]
    ↓ 登場人物は >2 で確かめられます。 これは、殺人事件ものです。 ですが、あまり流血表現はありません。 ので、安心してお読み下さい。 ↓ ↓ 駄作ですが、どうぞ宜しく…☆
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません