最高のもの3コメント

1 みかん id:C9mu0Eq.

2011-05-28(土) 00:11:35 [削除依頼]
恋愛小説書きたいと思います。
レベル低いですが、よかったらみてみてください> <
  • 2 みかん id:C9mu0Eq.

    2011-05-28(土) 00:12:29 [削除依頼]
    私は高見優花。中2。
    「お〜い!優花〜」
    あっ、来た来た。そう。アイツだ。鹿嶋雅人。私の隣に住んでる幼馴染。アイツと私は毎日一緒に学校へ行ってる。なんてゆーか…それが当たり前みたいな感じ。それで学校までは走ったりして競争するんだ。「きゃっっ」転んでしまった。せっかくのお洋服がぁ〜…いつもの通り雅人もばかにするなとおもって目をやったの。そしたら手を差し伸べてくれてる。「だいじょぶ?ドジだな笑」え…?なんか違う。昔とだいぶ違う…なんかその後も変に緊張しちゃってあんま喋れなかったんだ。
    やっと学校に着いた。奈央が走り寄って来た。南沢奈央。中1。私より1コ下。いとこなんだ。凄い仲良し。奈央は小柄で色白で女の子って感じ。男子からも人気だし。今日はお花のピンをつけてる。可愛いな〜私が奈央に恋しちゃいそう。奈央は私と正反対で恋多き女。私は恋すらした事ない。恋ってど〜ゆ〜気持ちなんだろ。奈央にはいつかわかるよって言われてるんだけどそんな日は来るのかなぁ…
  • 3 みかん id:C9mu0Eq.

    2011-05-28(土) 00:23:05 [削除依頼]
    お昼休み。
    なんとなく気分が優れなかったので、私は保健室にいた。先生は今いなかった。お日様の日差しで眠ろうにもまぶしくて眠れなかった。ギラギラと私を照りつける太陽。意識したわけでもなく、不意に雅人の顔が浮かんだ。「雅人…」気づかないうちに声に出てた。その瞬間、さっきのまぶし過ぎる太陽が私の前から一瞬で姿を消した。ん…?なんと目の前には雅人がいる。そっか。雅人が影になってくれてるんだ。そう思うと頭がクラクラしてきた。安心して私は眠りについたのか、それとも気絶したのかは、私にもよく分からない。でもまさとが隣にいる。それだけは分かっていた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません