陽炎3コメント

1 月 id:vk-NHeB4bG0

2011-05-23(月) 23:28:32 [削除依頼]
-陽炎-
その男に恋をしたのは、もうずっと前のことだった。彼はいつも陰気そうにしていた。だから周りの人たちも、男のことを避けていた。だけども、私だけは違った。彼もまた、私には明るかった。私たちは、不思議と馬が合っていた。
  • 2 シグ id:xedsCZ61

    2011-05-23(月) 23:57:42 [削除依頼]
    新スレおめ*^^*
  • 3 月 id:vk-KrOmZjZ0

    2011-05-24(火) 00:31:50 [削除依頼]
    その出会いは、実にひょんなものだった。
    「僕のこと、知ってるかい?」
    私の家の隣に越してきて早々、彼は私にそう問うてきたのだ。それは、彼が挨拶回りと称し、私の家に訪ねてきた時のことだった。
    「僕のこと、知ってるかい?」
    きょとんとする私に、まるで言い聞かせるようにして、男は繰り返す。私は首を傾げた。どう答えて良いか判らなかった。私は戸惑っていた。
    「ええっと」
    それは、知り合いの名前を思い出せない感覚に近かった。知っているはずなのに思い出せない。知らないはずなのに、知っている。私は、そのまま黙りこくってしまった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません