鬼島太郎46コメント

1 桜 id:kM1U5VZ0

2011-05-22(日) 11:36:40 [削除依頼]

   いい事をした者は後、

         “化け物”になるー…
  • 27 桜 id:TeDpf5d1

    2011-05-23(月) 19:16:40 [削除依頼]

    第ニ章 瓜二つ
  • 28 桜 id:TeDpf5d1

    2011-05-23(月) 22:31:48 [削除依頼]

    「“鬼宮城にお来し頂くよう、心より願っております”
    …行くかボケ」

    優鬼が庭に向かって便りを投げる。
    その便りを、通りかかった美鬼が拾い、目を通す。

    「何時もの事だ。すぐに終わる」
    「いーやーだ。また協力すれって言うんだろ?
    敵のくせに生意気な。力だってたいしたこと…」
    「鬼神は強い」
    「……」

    優鬼は肩をすぼめる。

    「今回は違う事だと思うんだけど…」
    「マジ!!?」

    優鬼がぱっと明るく顔を上げる。
    しかし、すぐに眉をひそめた。

    「なんだよ、違う事って…」
    「こいつの事だろう」

    ため息をつき、縁側に眠る鬼姫に指を差す。
    優鬼は静かに鬼姫の顔の横に座る。

    「…子供みてぇ」
    「充分立派な子供だろ」
    「16歳だろ?可哀想だよ。
    こんな鬼みたいな人と結婚するだなんて」
    「鬼だし」

    そう呟くと、美鬼も鬼姫に近づいた。

    「前から気になってたんだけど、
    鬼神の中にこいつにそっくりな奴がいるんだよね」
    「…は?」

    驚きの言葉に、優鬼が思わず聞き返す。

    「忍びだよ。夜に動き回っていやがる」
    「鬼血、配ってんのか?」

    美鬼は首を傾げる。

    「…鬼血じゃねぇ物配ってる。
    それが何かは………知らねぇ」
    「何か……関わりたくねぇ」
    「関われ」

    美鬼の言葉を最後に、沈黙が流れる。
    時々聴こえる鳥の声が、心地良い。
    雲間から顔をだした太陽が当たる雪が、眩しく見える。
    早く溶けて消えて欲しい、と密かに願う美鬼の横顔は
    酷く美しく、鬼である事を忘れてしまうような表情だったー。
  • 29 愛恋 id:Kanw./31

    2011-05-24(火) 18:49:49 [削除依頼]
    似てる点ですか?

    鬼とか羅刹とか出てきて、
    主人公が「鬼姫」(名前は違いますよ?)で
    化け物的なモノが…

    何か曖昧ですいません;;
  • 30 桜 id:K4xPEb31

    2011-05-24(火) 20:06:40 [削除依頼]

    「あの…、私もいいんでしょうか?」

    優鬼に「“鬼宮城”に行くから」と連れられて来た鬼姫は、
    面倒くさそうに歩く優鬼に訊ねた。

    「うん。だって、鬼のお姫様だし?」
    「鬼のお姫様って、どんな事をすればいいんですか?」
    「…鬼退治がしたいんだろう?」

    優鬼に訊ねたはずの鬼姫が、美鬼に訊ねられる。
    鬼姫は大きく頷いた。

    「だったら鬼退治をしていればいい」
    「…はい」

    意外な答えに、鬼姫は返事をする事しかできなかった。
    その時。いきなり美鬼と優鬼が足を止めた。
    ふと顔を上げると、血のように赤い建物に
    新緑の屋根。黄金の鬼瓦が目立つ城が建っていた。
    あまりの美しさに、鬼姫は息を呑む。

    「ささ、入って入って♪」

    優鬼が鬼姫の手を引く。
    すると、玄関に立っている1人の男がお辞儀をした。

    「愁様がお待ちしております」

    ( “愁”って…… )

    優鬼は「はいはい」と言うと、スタスタと城の奥へ足を運んだ。
    城の一番奥の部屋だと思われる部屋の襖を、
    優鬼が乱暴に開ける。

    「遅い!!」

    上座に座る愁が一喝する。
  • 31 桜 id:K4xPEb31

    2011-05-24(火) 20:08:18 [削除依頼]

    愛恋さん

    何か、見てみたいです^^

    「鬼島太郎」、イラストにしてみたいと思います!
  • 32 桜 id:g/BZ2us0

    2011-05-29(日) 22:13:45 [削除依頼]

    「遠いんだよ。家からここまで」
    「言い訳なんてどうでもいい。座れ」

    優鬼はため息をついて、その場に座る。
    美鬼と鬼姫も、優鬼に続いて隣に座る。

    「今回は1つ、願いがあるんだが…」
    「また?」

    愁は優鬼を見ながら頷く。

    「鬼神を殺して欲しい」

    美鬼と優鬼は、その言葉に目を見張る。

    「どういう事だよ、それ…」
    「実は…、鬼姫によく似た男がいてな。
    奴は“鬼刀”で鬼血を呑み、羅刹と夜叉になった者を斬って、
    元の姿に戻している」
    「へぇ…いい事じゃん」

    ニヤリと口を釣り上げた優鬼は、
    鬼姫に着物の袖を引っ張られて、振り返る。

    「“鬼刀“って…?」
    「“鬼刀”っつーのは……、鬼姫の刀の事だよ」
    「えっ?」

    思わず声をあげる。

    「愁が言っている鬼神は、鬼姫の小太刀に対する
    刀を持ってるっていう意味?」

    鬼姫の小太刀を見ていた愁は、
    はっと優鬼に目を向けてこくんと頷く。

    「じゃあ、ただの空似じゃねぇって事?」
    「だよな。ただの空似でそんな物持っているはずが無い」

    今まで黙っていた美鬼も口を開いた。

    「それに、そいつは俺達に協力的な存在。
    殺す訳には…」
    「鬼神の言う事は絶対だろう?」

    愁に言葉を遮られた美鬼は、小さく舌打ちをした。

    ( 鬼神の言う事は絶対…。美鬼達にしたら、
    敵みたいなものなのに…… )

    「“鬼姫も殺せ”と言いたい所なんだが…」
    「無理」

    優鬼がきっぱりそう言うと、愁は鼻で笑い

    「鬼の子孫を残す為には、殺す訳にはいかない」

    と言った。美鬼は静かに愁を睨む。

    「用件はそれだけか?」
    「ああ」
    「なら帰る。優鬼、行くぞ」

    美鬼は立ち上がり、建物の外に出た。
    優鬼と鬼姫も、美鬼を追いかけるように建物を出て行った。
  • 33 祐伊 id:ePNQ.FQ0

    2011-05-29(日) 22:35:25 [削除依頼]
     愛恋さんの夢ってイラストレーターでしたっけ?私も見てみたいです!鬼島太郎イラスト!

     
  • 34 桜 id:g/BZ2us0

    2011-05-29(日) 23:19:53 [削除依頼]

    ★登場人物★

    十六夜 鬼姫 イザヨイ キキ  ( 女 )

    鬼のお姫様。外見は小柄で、まだ幼い子供のような感じ。
    鬼姫は美鬼と結ばれる運命で、
    美鬼と優鬼と共に鬼退治をしている。


    桐生 美鬼 キリュウ ミキ  ( 男 )

    何時も忍びの格好をしている。
    長身で、美麗な顔立ちをしている。
    鬼姫の事は、自分と結ばれる運命なのに余り好まない。
    “鬼竜”という意味の姓を持つ。


    立花 優鬼 タチバナ ユウキ  ( 男 )

    “優しい鬼”という意味の名を持つ。
    美鬼の親友。


    華月 愁 カヅキ シュウ  ( 女 )

    鬼神。鬼血を配って羅刹と夜叉を増やし、
    鬼の国を作ろうとしている。


    まずはこれ位でしょうか?
    また新しい人が出てきたら、
    このように紹介したいと思います!
  • 35 桜 id:JqmDQFe.

    2011-06-04(土) 09:27:54 [削除依頼]

    祐伊さん

    愛恋さんもイラストレーターを目指しているんですか!!?
    私もイラストレーターを目指しているんです^^

    祐伊さんの将来の夢とか、目指している事って何ですか? 
    よかったら教えてください!
  • 36 桜 id:JqmDQFe.

    2011-06-04(土) 10:01:12 [削除依頼]

    ( 私によく似た鬼神…?私に姉妹なんていたかな? )

    「…大丈夫か?」

    美鬼に優しく声をかけられた鬼姫は、
    うつむいていた顔を、勢いよく上げた。

    「はいっ、だ、大丈夫……です」
    「お前、心当たりでもあるのか?」
    「いえ、ありません…」

    ( でも、美鬼も優鬼も、ただの空似じゃなないはずって言ってた…。
    心当たりがないのは、おかしいよね… )

    鬼姫がそんな事を考えているうちに、
    もう家に辿り着いていた。

    「お疲れ、鬼姫」

    優鬼にそう言われた鬼姫は、こくんと頷く。

    「っあの、私、もう寝ます」
    「えっ?………そっか、疲れたもんな。
    俺ももう寝る。美鬼!おやすみ」
    「おやすみ」

    2人は、美鬼を残して部屋に向かった。
  • 37 祐伊 id:SmRbEdB.

    2011-06-04(土) 10:24:45 [削除依頼]
     愛恋さんってイラストレーター目指してきが?間違ってると思うw小説家?あれ、何か聞いた事はあったんですけど忘れちゃいましたw記憶力が乏しくてw間違ってたらすいません(土下座w

     私は声優を目指してます////大きな夢で叶うわけないのですがw歌える声優っていいなと思って^^なんか恥ずかしい夢ですねw

     桜さんイラストレーターですか^^いいですね!自分で書いたものがテレビにでたりゲームになったり画集になったり^^

     関係ないのですがカズキヨネさんの絵って綺麗ですよね^^私好きです!
  • 38 愛恋 id:/1q42Fp/

    2011-06-04(土) 10:43:21 [削除依頼]
    私の夢ですか?
    イラストレーターも近いですけど、
    漫画家を目指しております!///
    遠い夢ですが、頑張ってる最中です!

    裕伊さんは声優ですか〜
    頑張ってください!
  • 39 桜 id:JqmDQFe.

    2011-06-04(土) 17:01:11 [削除依頼]

    祐伊さん

    私、カズキヨネさんの絵、好きです!!

    尊敬している絵師さんが、カズキヨネさんなので!
    あと、オオタニヨシミさんも尊敬しています♪

    声優ですか…。祐伊さんの声、聞いてみたいです^^
    がんばってください。応援しています!!


    愛恋さん

    漫画家、いいですよね!

    もし愛恋さんが描いた漫画が出たら、絶対に買います!!

    私もがんばっている最中です^^;
    お互い、がんばりましょうっっ!!
  • 40 桜 id:JqmDQFe.

    2011-06-04(土) 17:52:20 [削除依頼]

    布団の中に入ってから、ずっと聴こえる。
    肉を断つ鈍い音。休まずに何度も何度も。
    耳を塞ぎ、布団に潜りこむ。

    ガタンッ

    「ーっ!!?」

    物が倒れる音に、肩を震わせる。
    鬼姫は外の様子が気になり、寝巻きのまま、家をでる。
    冷たい風が、寝巻きの下の肌を滑る。
    物音がした方向、建物の後ろに回る。
    血の匂いが近づく。と、その時

    「ーひゃっ!?」

    草履から染み渡った血がひんやりと、
    裸足の足につく。思わず声をあげた鬼姫は、
    慌てて口を塞ぐ。だが、もう遅い。
    赤毛の男が、鬼姫を目掛けて刀を振るう。

    「うあああぁぁぁっ!!?」

    その男が、いきなり鬼姫の前で倒れた。

    「あ……」

    男を斬ったと思われる、赤毛の忍びが
    血のついた刀を鞘に納める。

    「…鬼姫」

    男の声だ。赤毛の男は鬼姫に近づく。
    鬼姫は恐怖のあまり口を小さく開けたまま、後ずさりする。

    ( 夜叉…!!? )

    「ゃ……いやあっ!!」
    「落ち着いて。鬼夜だよ、覚えてる?」

    男は冷静にそう言うと、にこっと微笑む。

    「き……よ?」
    「覚えてる訳ないか。お前、僕の事嫌いだったから」
    「え…?」

    訳がわからず、足を止める。

    「僕もお前が大嫌いだよ」

    口を釣り上げて笑う。この特徴のある笑い方に、
    鬼姫は古い記憶を甦らせた。

    「お兄…ちゃん?」

    そう呼ばれた鬼夜は、無視してどこかへ行こうとする。
    と、その時

    「お前か?“鬼刀を持つ鬼神”ってのは」

    美鬼が、鬼夜に刃を向ける。

    「それが何?」
    「“殺せ”って、愁の命令」

    その言葉に鬼夜は一瞬目を見張ったが、
    すぐに優しく微笑む。

    「別にいいけど……もう少し待って。
    まだやらなきゃいけない事、あるから」

    そして、暗闇に紛れてどこかに消えて行った。

    「…そんな事、許されるといいけどな」

    美鬼の言葉は、もう鬼夜の耳には届かなかった。
  • 41 祐伊 id:SmRbEdB.

    2011-06-04(土) 19:32:12 [削除依頼]
     桜さん>私も時々マンガとか描くんで絵とか描くんですよ^^私もカズキヨネさん尊敬してます^^

     そんな可愛い声じゃないですよww聞いても仕方が無いですよww歌をうたうのも好きなんで結構頑張ってます!声優なりたいな〜w

     頑張りますね^^応援感謝です!私も桜さんのこと応援してます!

     
     愛恋さん>やっぱ違いましたねww漫画家ですか^^見てみたいな愛恋さんのマンガ!漫画ってかくの楽しいですよね^^

     お互い頑張りましょうね^^
  • 42 桜 id:o.MZOU0/

    2011-06-05(日) 16:31:44 [削除依頼]

    祐伊さん

    応援、ありがとうございますっ!!
  • 43 桜 id:o.MZOU0/

    2011-06-05(日) 17:55:12 [削除依頼]

    「また刀を持ち出したの!!?」

    母の怒鳴り声が聴こえる。

    「どうして、貴方は私の言う事を訊かないの…?」

    怒気を含んだ悲しい声と、畳に滴が落ちる音が、
    静かに耳に響く。泣いている、と推測された。
    壁からそっと部屋の中の様子を窺う。

    ( お兄ちゃん… )

    そこには、代々十六夜家に伝わると言われている
    太刀と小太刀を握り、うつむいて正座をする
    鬼姫の兄、鬼夜と、鬼夜を見下ろすかのように
    目の前に立つ母、姫鬼の姿があった。

    「…嫌いだからだよ」

    鬼夜が低い声で呟く。

    「母さんの事が大嫌いだからだよ」

    口を釣り上げ、姫鬼に微笑む。
    姫鬼はその言葉に、目を見張る。

    「もう…いい、好きにしなさい?」
    「わかった」

    やれやれ、と刀を持って立ち上がり、鬼夜が
    鬼姫に近づく。
    鬼姫はその場から逃れよようとした。

    「…ありがと」

    鬼夜が、姫鬼に背を向けたまま言う。
    鬼姫はその鬼夜の言葉に吃驚し、立ち止まる。
    その時、手首に冷たい手が触れる感覚が走った。

    「ほら、これ。鬼姫の」

    鬼夜が小太刀を鬼姫に差し出す。
    訳がわからず、鬼夜を見上げる。

    「僕と鬼姫は血と、これで繋がってるから」
    「え…?」
    「ばいばい」

    小太刀を鬼姫の胸に押し付け、玄関に向かう。

    「待って」

    鬼姫に呼び止められた鬼夜は、足を止めて振り返る。

    「どこ行くの?」
    「…ねぇ、“浦島太郎”って知ってる?」
    「うん、知ってるよ?」

    “浦島太郎”は、鬼夜がよく鬼姫に聞かせていた童話だった。
    鬼姫は、忘れるはずがなかった。

    「僕は今から、“竜宮城”に行ってくるんだ」
    「えっ?」
    「…一緒に来る?」

    一瞬返答に戸惑ったが、すぐに首を横に振った。

    「行かない」
    「何で?」
    「だって、泳げないもん」

    その言葉に、鬼夜は微笑む。

    「そっか、残念だな…」
    「ごめんね、お兄ちゃん…」
    「謝らなくていいよ。離れ離れになっても、
    僕は鬼姫の事ー…」
    「離れ離れになるのっ!?」

    鬼姫は驚きのあまり、鬼夜の言葉を遮った。
    鬼夜は笑顔で頷く。

    「これだけは覚えておいて」

    鬼夜が鬼姫に手招きする。鬼姫は何だろう、
    と鬼夜に近づく。

    「いい事をした者は後、“化け物”になるー…」


    この言葉を最後に、鬼姫と鬼夜は6歳で離れ離れになったー…。
  • 44 桜 id:o.MZOU0/

    2011-06-05(日) 17:59:26 [削除依頼]

    ★訂正★

    「鬼姫はその場から逃れよようとした」
    というのが間違いで、

    「鬼姫はその場から逃れようとした」
    と、直して読んで頂けたら、嬉しいです!!

    申し訳ありませんでしたっ!!
  • 45 桜 id:M//.odl.

    2011-06-11(土) 16:30:01 [削除依頼]

    ★おしらせ★

    こんにちは。桜です^u^

    そのうち、新しい小説を書くつもりです。
    できたら後、報告致します!

    これからも、宜しくお願い致します!!
  • 46 桜 id:M//.odl.

    2011-06-11(土) 22:13:20 [削除依頼]

    ★おしらせ★

    こんばんは。桜です。

    連続でおしらせしてごめんなさい!!m(_ _)m

    えと…新しく小説を作りました!!
    「紅蓮の秋」です! まずは、“壱”!

    “壱”があるという事は、“弐”もある、という事です。
    ( 日本語おかしかったら、ごめんなさい! )

    一応、「新選組にタイムスリップ!!?」
    の方でも、報告しておきます^u^

    これからも宜しくお願い致します!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません