独りより――。2コメント

1 ムーナム id:vW2Je9w0

2011-05-19(木) 16:53:46 [削除依頼]



私は独り、簡単に言えば天涯孤独だ。
肉親も友人も誰もない。
今まで私は児童養護施設で育ってきたのだ。
ずっと、ずっと――。
  • 2 ムーナム id:vW2Je9w0

    2011-05-19(木) 17:21:31 [削除依頼]
    私の髪が短い為か首周りが涼しくてたまらない。
    これが夏なら良いが冬だと寒すぎる。
    まぁ、幸い今は梅雨。じめじめとはしているが良いほうだろう。
    私はいつものように学校が終わると高級デパートの隣にあるアクセサリーショップに行く。
    少し時間は掛かるが、行って後悔はない。
    「こんにちは」
    私は堂々とそのアクセサリーショップに入って行く。
    見ると店内はガラーンとしていて来る人は少ない。
    だがこれでも実はやっているのだ。
    すると、私の声を聞いてか、奥から誰かが来る。
    髪は相変わらず寝癖だらけ。今どきとは思えない程、古い丸めがねに白いポロシャッツ。
    メガネを取って髪型をもうちょっと整えればまともそうな人なのだが、やっぱりだらしない。

    気付けばその人はレジの前に立っている。
    「佐倉羽さん。こんにちは」
    「ん〜?璃子ちゃんか〜いらっしゃい」
    頭を掻きながら佐倉羽さんはそう言う。
    佐倉羽さんは老けて見えるがこれでも27歳。
    最初、聞いた時は私も驚いたものだ。
    すると、佐倉羽さんは「早くねたいんだけど」とでも言うかのようにあくびをする。
    普通の店員だったら即クビだろう。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません