GOD OF DEASH4コメント

1 ポプリ id:eLpa9iG.

2011-05-18(水) 21:19:32 [削除依頼]
*・。・プロローグ・。・*

モニターがたくさん並んでる部屋。
証明機具は一つもともってなく、
モニターの明かりのみが唯一この部屋を照らしている。

そのモニターには、たくさんの人間がうつっていたり、
棒グラフが盛んに上下したりしている。

そして、ある一つのモニターを見つめる一人の少女。
全身を黒いコートにつつまれ、
表情も無く、まるで氷の女王を思わせる。

少女の見つめるモニターは、
他のたくさんのモニターからは、
少し離れた所にある、小さなモニターだった。

そのモニターにうつる中学生ほどの一人の少女。
道ばたの段ボールの中にいる猫を抱き上げ、
とても優しい顔でその頭を撫でている。

ただ、それをじっと見つめる氷の少女。

「・・・。」
  • 2 ポプリ id:S2FLHfo1

    2011-05-21(土) 09:25:59 [削除依頼]
    *・。・第1章・。・*
     <衝撃の巡り合い>

    「祈ー、先に帰るよ〜。」
    「あっうん!じゃあ、また明日ねー!」
    友達に笑顔で手を振る少女、水瀬 祈。(みなせ いのり)
    中学2年生の13歳。
    前向きで明るく、誰にも好かれる性格をしている。
     
     今日祈は日直で、放課後、黒板の掃除やらプリントの整理やらで
    とっても忙しかった。
  • 3 ポプリ id:S2FLHfo1

    2011-05-21(土) 13:50:27 [削除依頼]
    やっと仕事を終え、家に帰ろうといつもの通学路を歩き出す。
    しかし、時刻は夕方の6時。
    まだ4月だ、さすがに太陽もかくれようとしている。
    今日は裏道から帰ろう、そう思い祈は、住宅地の裏の川沿いを
    帰った。
    祈のこの判断が、のちの大きな事件に関わるなんて、
    思いもしないだろう・・・。
  • 4 ポプリ id:S2FLHfo1

    2011-05-21(土) 16:04:17 [削除依頼]
     点滅する小さなモニター。
    それを見つめていた少女の氷の表情がゆらいだ。
    「なぜあいつが・・・!?・・くそ・・っ!」
    吐き捨てるように言い、走って部屋を出る少女。
    小さなモニターは・・・赤く点滅していた。
    「間に合え・・!!」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません