59コメント

1 3104 you id:rtP/Ro21

2011-05-16(月) 10:13:27 [削除依頼]


「死ね」

毎日言われるこの言葉。
どうして私が言われなきゃいけないのかわかんない。
でも、戦うしかないんだ。
もがいていくしかないんだ。
この身が亡びるまで生きていくしかないんだ。
それが私の使命だから。

生きていくしかないの。


今日も、明日も。
  • 40 3104 you id:aE1splC.

    2011-06-17(金) 22:54:52 [削除依頼]

     アヤ☆さま

     そぉですかね…?
     わたくしは自信ないです笑

     
  • 41 3104 you id:aE1splC.

    2011-06-17(金) 22:56:37 [削除依頼]

     かな

     
     そうか!
     仲間だね!

     あっ、ゆーってよんで!
     そっちのが呼びやすいし!

     チャリティーイベントあたった?

     私は日にちは変わったけど
     当たったよ

     
  • 42 ノリノ id:.L9kPdv/

    2011-06-18(土) 08:42:56 [削除依頼]
    雑談スレになりかけているので
    注意してください。
  • 43 ゆい id:lFZgsgl/

    2011-06-18(土) 09:17:27 [削除依頼]
    おもしろい!


    これからもがんばってください!!!!
  • 44 3104 you id:WK31Sa.0

    2011-06-18(土) 09:37:37 [削除依頼]

     ゆいさん

     ありがとうございます。
     もう少し落ち着いたら更新します。

     亀更新すみません…(-_-;)

     
     
  • 45 *+♪⌒沁瑞翔愛⌒♪+*  id:5zc6qE81

    2011-06-18(土) 14:17:23 [削除依頼]
    *)ゆ-

    当たったよ-

    第一希望当たった-!

    久しぶりの東京だっ((←

    更新ガンバ★
    私もがんばる★
  • 46 3104 you id:Z7IBX7W1

    2011-06-26(日) 18:58:02 [削除依頼]


    「ひかり…?」

    大事な遠くに住んでいる親友が突然現れて薄れかけた意識が一気にもどる。
    私は理解できていなかった。
    どうして親友が―ひかりがここにいるのか。
    意味が分からなかった。

    二人の女に腕を交互からつかまれて傷だらけになっているひかりは顔をあげた。

    「…ぁ…ありす??…ちょっ、あんた!その手離せよ!!!!」

    私の様子を見て星羅に向かって思い切り怒鳴る。
    ひかりはこっちに走ってこようと思い切りもがき始めた。
    だが、腕をつかむ女子生徒がソレを阻止する。

    「てめぇだまれよっ」

     ぱんっ

    と、平手で頬を叩かれる。
    私はなんだかとてもむかついて言葉が出てこない。


    「なんで…ひかりがいるのよ……な、んで…?」

    星羅は私を見てくすっとかわいらしく笑った。

    「で・もぉ〜。あんたにも親友がいたってきいてびっくり〜みたいな?」
    「…誰から聞いたのよ」
    「んぅ?誰だろう??」
    「!!」

    いい加減にしてほしい。
    こんなことして何が楽しいのだろうか。

    下唇をかみしめる。
    少し血の味がする。
    切ってしまったようだ。


    「おい。星羅」


    私は星羅の手をぱんっと振り払って、前を見据えながら言った。
    星羅は何かしらと微笑んだ。


    「どうしてそんな自信ありそうな顔してるのか分からないわ。こんな恥ずかしい子供みたいなことしているのに」
    「………はぁ………?」

    星羅が眉をしかめる。

    「許さない…」
    「聞こえませ〜ん!」

    ひかりを巻き込んだコイツが許せない。


    「なんでひかりに手だした!?私だけにすればいいだろ!」
    「ん?それがいいかなって…」

    星羅が何か言おうとしているが構わず続ける。

    「ひかりに手だすなよ!!」

    私は蛇口につないであるホースを星羅の手下から奪い取った。

    「何すんの!?」

    叫ぶ女子を無視して私は蛇口を思いっきりひねった。
    もちろん水はぶしゅー!と勢いよく飛び出る。

    そして星羅にホースを向けて思い切り水を浴びさせた。


    「なっ…ぅ…いやっ!!…ぅぷっ…やめろ!!」

    星羅はきんきんするような高い声で叫ぶ。

    「星羅っ!!大丈夫!?」

    広瀬があわてて駆け寄る。
    私はみんなが星羅に目を奪われているその隙にひかりの手を取って一気にトイレから駆け出した。
  • 47 ユッコ id:4mZ9TSt/

    2011-06-26(日) 19:18:00 [削除依頼]
    お〜。ありす、がんばって逃げろ!
  • 48 3104 you id:Z7IBX7W1

    2011-06-26(日) 19:26:31 [削除依頼]


     ユッコ


     ありがとう!
     いつもコメントくれてうれしい(^^)v

     
  • 49 アヤ☆ id:tcErQou/

    2011-06-26(日) 20:51:52 [削除依頼]
    更新されてる〜♪
    ありすがんばれっ!
  • 50 あげたい id:ez-X.NCHe41

    2011-06-29(水) 23:27:36 [削除依頼]
    たけ、
  • 51 3104 you id:gFWXEG2/

    2011-07-15(金) 00:05:12 [削除依頼]


    沈黙が続く。
    レモンティーが入ったグラスは水滴がついている。
    まるで私たちが話すのを待っているかのように。

    ひかりはこのカフェに入ってから何もしゃべらない。
    喋っていない。

    私はすべてを話そうと決めて重々しいなか口を開いた。

    「ひか…」


    けど。
    いえなかった。

    大粒の涙を目にためてこっちをみるひかりがいたから。

    「ひか「ごめんねなんて言わないで」

    早口でしゃべりだすひかり。

    「そんな言葉聞きたくない。ねえ。なんで?何でいってくれなかったの?どうして?連絡がどんどん少なくなってきててもメールの内容は明るかったから…」

    レモンティーを口に含んだ。


    きょうはここまで。
    すみません!
  • 52 3104 you id:gFWXEG2/

    2011-07-15(金) 17:50:11 [削除依頼]


    静かにレモンティーを飲む私は多分顔をあげて聞くのが怖かっただけ。
    私は弱虫だ。
    改めて思った。

    「ありす…アリスが私の事どう思ってるのか知らないけど…。」

    ひかりが私の手を握った。

    「辛いって言ってほしかった!私を頼ってほしかった!」

    ひかりの目からぼろぼろと宝石のような涙をこぼした。
    私は何も言えずただただ下を向くことしかできなかった。


       *   *   *   *   *   *


    「好きに使って」


    今日はもう時間がないので私の家にひかりを泊めることにした。

    「ありがとう」

    ひかりは心なんて全く感じられない返事を返してきた。
    なんだか言いたいことがあるのだろう。

    部屋の隅にスクールバッグを置いてからひかりはぼーと立っていた。

    「シャワー浴びてきなよ。服は用意しておくから」
    「うん」

    ひかりは返事すると重たい足取りで歩き出した。


      シャ―……


    心地よいシャワーの音が鳴り響く。
    ついうとうとしてしまった。


    ―――――………
     ―――――――………


    「ありすちゃん〜」

    ひかり・・・・。

    ひかりが私に駆け寄ってくる。
    これは小学校のころかな?


    思い出した。


    いつも話すのが苦手で不器用な私に。
    一番に話しかけてくれてたのは


    ひかりだ


      ゜
     
      〇
      .
       ゜


     。


      
  • 53 はぁと id:ez-nBAzO3n/

    2011-07-18(月) 09:18:04 [削除依頼]
    あげましょうか
  • 54 3104 you id:7u0JprM1

    2011-07-19(火) 20:30:00 [削除依頼]

     はぁとサマ

     ありがとうございます♪
     つまらなくてすみません…
  • 55 3104 you id:tSr4wKB/

    2011-08-03(水) 21:59:36 [削除依頼]


    「ひかり…」

    頬に冷たい液体が伝う。
    何かなんてわかる。涙だ。

    「ひかり…ひかり…」

    嗚咽が止まらなくなった。
    呼吸もおかしい。
    涙が止まらない。

    最近泣いたことがあったか。
    人を想って泣いたことはあったか。

    「…わかってない…何してんだろう…」

    落ち着いた頃ひかりがリビングへ入ってきた。

    「ひかり…」
    「…ありす落ち着いた?」

    私はまとめた思いをぽつりぽつりとつぶやき始めた。
    手に汗がにじんで胸が苦しい。

    「…私、強いってことが分からなかったんだな…」
    「…強い…?」
    「わたしさぁ。泣くのだけは嫌だったんだ」
    「ん…」
    「けどさぁ。分かったんだ」
    「ん?」

    私は涙でぼやける視界の中、ひかりの手を握った。

    「…なんか言いたいこと…い、いっぱいあったけど…」
    「…ぅん」
    「あの、ね…ごめんね…私、…っ」
    「何も言わなくていい」

    ひかりの腕の中はあったかくて落ち着く。
    心がカチカチになっていたんだ。
    ひかりの熱が溶かしてくれる。

    もう一人じゃない。

    こんなに思える人がいるんだ。


     ―なんで忘れてたんだろう。

    「いいの。近くのものが大事だなんて気づく人いないよ」
    「…っ」
    「今気づいたんだから…それでいいんだよ」

    にこっといつもみたいに笑うひかり。
    この温かさが私は欲しかったんだ。
    心が癒えていくのが分かる。
    心を縛り付けていた鎖が外れていくのが分かる―…。


    変わらなきゃ。
  • 56 (σ゛)σ爽音-☆*. id:gqGZG0N/

    2011-08-03(水) 22:01:22 [削除依頼]
    あげ.
    おもしろい!!

    翔愛です*
  • 57 ☆あさひ☆ id:CAHAEuZ1

    2011-08-03(水) 22:02:09 [削除依頼]
    ひかり、すごいいい子!

    ありすたちにはがんばってほしい!!

    更新がんばってください♪
  • 58 3104 you id:tSr4wKB/

    2011-08-03(水) 22:06:32 [削除依頼]


     ありがとうございます!涙

     読んでいる人がいることに感謝感謝。(-_-;)
     
  • 59 紗奈元陽菜乃 id:NlfsOqN0

    2011-08-18(木) 10:08:07 [削除依頼]
    ごめんね!
    最近これなくって!

    ひかりって良い子だね!
    更新がんばって!

    あっうちユッコだよ
    名前変えたんだ!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません