好きなんだ、君が。21コメント

1 ちゅぴ id:S/.YId/0

2011-05-13(金) 17:41:30 [削除依頼]
えっと、ちゅぴです!
頑張って書くんで、コメ頂けるとめっちゃ嬉しいです…★
ケータイ小説っぽくなるかも…。
まぁ、気軽に読んでください♪♪
  • 2 ちゅぴ id:S/.YId/0

    2011-05-13(金) 17:53:54 [削除依頼]
    主な登場人物!!
     新坂 愁(にいさか しゅう)高1
    美男子でバスケ部のエース。彼女に一途のいい奴。

     沢野 明弥(さわの めいや)高1
    熱血漢でいつも、愁を振り回す。愁の親友。

     林 美羽(はやし みはね)高1
    愁の彼女。女子校。無邪気な笑顔が可愛い。

     杞山 結愛(きやま ゆい)高1
    いつもクールで冷静な美少女。謎が多い。

     寺田 つぐみ(てらた つぐみ)高1
    金髪ギャル系の子。性格はサバサバしている。ユイと仲良し。
  • 3 翔太 id:xlkVGEw0

    2011-05-13(金) 17:54:55 [削除依頼]
    あははは
  • 4 ちゅぴ id:n8Vic110

    2011-05-14(土) 15:50:56 [削除依頼]
    俺はあの日、恋をした。


    太陽みたいな無邪気な笑顔の君に。
    氷のように冷ややかで冷徹な君に。
  • 5 ちゅぴ id:n8Vic110

    2011-05-14(土) 15:55:18 [削除依頼]
    <<幸せな毎日>>

    「えーっ、ここを新坂。読め。」
    …………。
    「新坂ぁ??」
    ………?
    「にぃさかぁ〜!!!!」
    うぉっ!!??
    「聞いてたかぁ??」
    「す、すんません…♪」
    やべえ…。
    「こらぁ〜っっ!!」
  • 6 ちゅぴ id:n8Vic110

    2011-05-14(土) 16:02:53 [削除依頼]
    「はぁ〜っっ…。」
    俺、新坂愁は説教をやっと終えた。
    「お疲れ様ぁ!!愁!」
    この声は。
    「おぅ、明弥っ」友達の沢野明弥。同じくバスケ部なんだ。
    「先生、怒ってたなぁー」
    「あぁ。大変だった。」
    「何してたんだよ。あん時。」
    確か…。
    「バスケの事考えてた。」
    「お前なぁー。」
    と飽きれる明弥。
    「ま、帰っか!」
    「おぅ!」
    今日は部活ないから、早めの下校。
  • 7 ちゅぴ id:n8Vic110

    2011-05-14(土) 16:20:24 [削除依頼]
    たくさんの学生が行き交う駅。
    俺らはいつもの改札前に立っていた。「あ。」
    俺は小さく声を上げた。
    「嘘??来たっ?」
    と明弥。
    俺の視線の先には。
    肩丈のゆるく巻いてある黒い髪。桃色の頬に桜色の唇。
    ーーーー俺の彼女。
    こっちに気づいたようで駆けてくる。「早いね!愁!」
    「ん。部活ないから。」
    「なるほどー!!」とうなずくあいつ。「お疲れさん!美羽ちゃんっ」
    「あ、めーや君っ!!」
    名前は林美羽。高校は違って、美羽は女子校に行っている。
    「じゃあ、俺はこの辺で。」
    「バイバーイ♪」と去る明弥。
    「俺らも行くか。」
    「うんっ」
    と可愛くうなずく。
    ダメだろ、それ。
    「んでねぇ、先生がぁ…」
    と一生懸命に語っている美羽。
    「有り得ないでしょ!?ひどくない?」よく喋る明るい子。
    この駅で告られた。高校違うから、戸惑ったけど。後から、同中だったってことに気づいた。あんまり、中学の記憶ねぇしなぁ。
    「愁はどうだった?学校!!」
    あ。俺?
    「先生に怒られた。」
    「可哀想!!ってか、聞いてなかったんでしょ、話!!」
    「ぴんぽーん。」
    「んもぉ。」と肩をすくめる美羽。
  • 8 ちゅぴ id:n8Vic110

    2011-05-14(土) 16:27:00 [削除依頼]
    ぎゅっ

    手を握った。
    「//  愁っ」
    手握っただけなのに(笑)
    照れている美羽。

    付き合い始めて約1ヶ月。
    キスもまだでして…。
    いや、したな。一回だけ。
    触れるか触れないか、そんなキスだったけど。

    最初は美羽のこと、そんな好きじゃなかった。
    でも、今はこんなに惚れている。
    ああ、もう嫌になるなぁ(笑)

    大好きなバスケやれて、仲の良い友達も明弥をはじめ、たくさんいる。それに、美羽も。

    幸せだな、俺。
  • 9 夏々(*^_^*) id:ez-0CkGQRF0

    2011-05-14(土) 16:36:15 [削除依頼]

    小説上手いですねッ★
    頑張ってくださぃっ (★^∀^★)/
  • 10 ちゅぴ id:n8Vic110

    2011-05-14(土) 16:44:10 [削除依頼]
    <<疑いと美少女と冷たさと>>

    [ごめん、愁>< 今日、会えない↓]

    こんなメールが最近よく届く。
    「はぁ…。」
    「どうした、愁??もしかして、また??」
    と俺を覗き込んだ明弥。
    「まぁ。」
    いくら忙しくても、会えないのは週に2.3日程度だった俺達。
    ここ、4日連続で会っていない。
    「浮気。」
    「はぁ?!」
    縁起でも、ないことを言う明弥。
    「男、できたとか…」
  • 11 ちゅぴ id:n8Vic110

    2011-05-14(土) 16:45:14 [削除依頼]
    夏々s!!!!
    ありがとうございます!
  • 12 ちゅぴ id:n8Vic110

    2011-05-14(土) 16:57:22 [削除依頼]
    有り得ない!あいつに男とか…。
    …いや。…待て。…有り得るかもしれない…!
    「どうすればいい!?」
    「どうするぅぅ!!??」
    2人でパニクる。
    「本人に聞くとか…。」
    「…無理だろ。」
    「じゃ、ほっとく?」
    「マジで…??」
    あああああ!!!!
    人生最大のピンチ!
  • 13 ちゅぴ id:T6CIo6H/

    2011-05-15(日) 15:31:48 [削除依頼]
    「あっ!」
    急に声を出した明弥。
    「…何だよ?」
    「いい考えがある!!」
  • 14 ちゅぴ id:T6CIo6H/

    2011-05-15(日) 15:39:31 [削除依頼]
    俺が連れて来られたのは1-4。
    あ、俺らは1-2な。
    「ごっめん!あっ、君、つぐみちゃんだよね?!」
    と一人の金髪女に声をかける明弥。
    「そーだけど。」
    見た目によらずサッパリしてる。
    「ユイちゃんっている??」
    「…結愛狙い?」
    「違うよ!!相談!」
    「そ。来な。」
    と教室の奥に進む金髪女。
    「結愛、お客さん。」
    「…え?」
    と短く低く答えた女。
    大きな瞳に白い肌。真っ黒な長く無造作な髪。 
    ……………美少女。
  • 15 ちゅぴ id:T6CIo6H/

    2011-05-15(日) 15:42:21 [削除依頼]
    「………誰?」
    見た目とは裏腹に冷たい女。
    「あっ!俺ら1−2なの!俺が沢野明弥!んでこいつは…。」
    「新坂愁…です。」
  • 16 ちゅぴ id:T6CIo6H/

    2011-05-15(日) 15:47:37 [削除依頼]
    ふぅん、と頷いた女。
    「で、何の用なの?」
    と金髪女。
    「ユイちゃんの情報力を借りたくて」と明弥。
    は?
    「そこの、女子校あんじゃん?そこに通っている女の子について調べてほしいんです!!」
    まさか、明弥の奴!?
    「こいつ、新坂愁の彼女について!!」
  • 17 ちゅぴ id:aCY4I/t.

    2011-05-16(月) 16:49:27 [削除依頼]
    「はぁ?こいつの彼女ぉ??」
    と金髪女。
    「そうなんだ!ちょっと疑いがあってぇ。」
    「いや、いいって!明弥!!」
    止めに入るが、
    「………面白そうね…。」
    という低い声。
    「お。優しい結愛に免じて引き受けるよ。その調査。」
    と偉そうな態度の金髪女。
    お前じゃないだろって。
    心の中で突っ込んだ。
    「……名前は」
    「え??」
    「彼女の。」
    と面倒そうなユイって奴。
    「えっと、林美羽。1年。」
    「ほぉら!!用事が済んだら帰って!!」と金髪女が俺らを押す。
    「ありがとー!ユイちゃんっ」
    「お、お願いします…。」
    俺らは1-4を後にした。
  • 18 ちゅぴ id:GLuA3e4.

    2011-05-17(火) 16:39:50 [削除依頼]
    ♪♪結愛side♪♪

    教室の入り口がさっきから騒がしい。………うざい。
    「つぐみ、何事?」
    と、仲の良いつぐみに聞く。
    「あー、なんか、2組のイケメン達が来たらしい。」
    興味なさそうに答えるつぐみ。
    見た目は金髪で派手だけど、イケメンには弱くない。
    頼りになる数少ない人。
    「そーだけど」
    つぐみが誰かと少し話したかと思ったらこっちに来る。
    「結愛、お客さん。」
    はぁ??
    そこには2人の男子。
    1人は茶色っぽいくせっ毛でよくしゃべる男。
    もう1人は黒髪で大きな黒い瞳の間抜けな顔してる男。
    まぁ、どっちもすごい存在感。

    詳しく話を聞くと、調査を依頼したいらしい。
    ………面倒。しかも,彼女?
    どうでもいい。
    断ろうとした時。
    黒髪の男(愁って奴)が慌てているのを見て思わず、
    「……面白そうね…。」
    とつぶやいた。

    そうして、新坂愁の彼女、林美羽の調査を引き受けることになった。
    ま、最近、暇してたし。
    暇つぶしに良いかも、ね。
  • 19 ちゅぴ id:GLuA3e4.

    2011-05-17(火) 16:53:56 [削除依頼]
    **つぐみside**

    んもぉ、何なの??
    うっさいなぁー!!
    教室の入り口をチラリと見て溜め息をついた。
    「つぐみ、何事?」
    と親友、結愛の低く不機嫌な声。
    私は面倒そうに答えた。
    すると、不機嫌な顔の結愛。
    うるさいのキライだもんね、結愛。
    「ごっめん!あっ、君、つぐみちゃんだよね?!」

    茶髪の男に声をかけられる。
    「そーだけど。」
    と簡単に答えた。
    そして、ベラベラと勝手に話出す男。何なの?
    話を聞いていると、気になる所が。
    「…結愛狙い?」
    だったら絶対許さない。
    この、寺田つぐみが……。
    「違うよ!相談!」
    そっか。なら…。
    「そ。来な。」

    それから話は進み、最初渋々だった結愛も愁って奴の慌てぶりを見てニヤリ。
    多分、自覚なし。
    ……怪しい。
    この顔は絶対!!
    何か企んでいる顔。
    …………案の定、新坂愁の彼女の調査なんて引き受けてしまい。

    まあ、最近、結愛暇そうだったし。
    少しは機嫌よくなるかな?
  • 20 天晏(ティアラ) id:GLuA3e4.

    2011-05-17(火) 16:58:38 [削除依頼]
    おもしろい〜〜!!
    結愛c可愛い><
    クールなとことか♪♪
    応援してまあす(^▽^)ノシ
  • 21 ちゅぴ id:GLuA3e4.

    2011-05-17(火) 16:59:54 [削除依頼]
    ティアラs!!
    ありがとうございます●^▽^●
    ぜひ、読んでくださいね〜!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません