言葉にしなきゃ伝わらないこと7コメント

1 鳴海 id:4nbO0sF.

2011-05-08(日) 18:17:36 [削除依頼]
 プロローグ


どうしたって想いが伝わらない。
心の中で想ってるだけじゃ駄目なんだ。
今、目の前で好きな人が好きな人に告白しようとしている。
あたしの目の前で。
そんなの、嫌だ。
でも言葉にできない。
声が出ない。
口をパクパクさせているだけ。

「好き、です……っ!」

頬をピンク色に染めながら、一生懸命言葉を繋いでいく。

「あ、あの、今年の夏の渡り廊下で一度だけ会話を交わしたことがあって」

告白された先輩は静かに耳を傾けている。
嫌だ、嫌だ、そんなの聞きたくない。

「先輩が、私の生徒手帳を拾ってくれて、そのときに初めて会話を交わして」

それ以上は言わないで。
お願い。
あたしの心臓が爆発しそう。

「そのときに、先輩に――」

嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だっっ!!

「恋したんです」

指を絡め、口元をほころばせながらとても愛おしそうに言った。
先輩も頬を少し赤らめて嬉しそうに愛おしそうに、

「僕も、そのときからずっと好きだった」

と言った。
そのとき、全てが壊れていく気がした。


あのとき、何で声が出なかったんだろう――。
  • 2 鳴海 id:/Up.XS8.

    2011-05-14(土) 18:48:05 [削除依頼]
     1


    桜が満開に咲いていて、桜の花びらが絶え間なく舞っている。

    「ちぃちゃんちぃちゃん、早く行こっ!」

    あたしの手を急かすあたしの親友で、あたしの好きな人。
    無邪気に笑う君はとても可愛くて。
    少し毛先が跳ねてて。
    スタイルがよくて。
    そしてちょっとドジで。
    すごくすごく可愛い。

    「ちぃちゃん? ほら、早く行かないと遅れるよーっ!!」
    「行く行く行くって」

    あたしはと言えば、のんちゃんとは大違いで。
    すごくクールで無表情な奴、って言われている。
    そんなあたしに当然友達なんかいなくて。
    初めての友達は、こんなあたしに笑って声をかけてくれたのんちゃんだった。

    「みんなはさ、勘違いしてるんだよ」
    「勘違い?」
    「だってさ、ちぃちゃんはホントはすごく優しくて笑うと可愛い女の子なんだよ? ちょっとクールで無表情ってだけでみんな怖がって嫌って避けてるじゃん。それがのんは悔しい」
    「のんちゃん……ありがとう。そんなこと言ってくれるの、のんちゃんだけだ」
    「えへへ、のんはずーっとちぃちゃんの友達でいてるよ!」

    そんなことを言ってくれたことがすごくすごく嬉しくて、今でも覚えてる。
    それからあたしはのんちゃんのことが好きになった。
    ライクじゃなくてラブの方。
    同姓だって分かってるけど……それでもいい。
    一生片思いでもいい。
    のんちゃんの傍にいれれば。
    のんちゃんの親友でいれれば。
    それでいい。


    あたしは少し口角を上に上げて、のんちゃんのとこまで思いっきり走った。


    あたしたちは今日、高2になります。
  • 3 鳴海 id:/Up.XS8.

    2011-05-14(土) 18:59:59 [削除依頼]
     2


    つらい坂道をのぼった先にある小さな駅。
    そこは電車が1両しかなくて、1日に4回しか走っていない。
    だから朝はこの始発に乗り遅れるともうお昼まではやってこない。

    「ほらほら、もう電車来ちゃってるよーー!!」
    「分かってる!」

    朝から全力疾走で坂を駆け上り、たった1両しかない電車に乗り込む。

    「ふー、間に合ったねっ」

    おでこに浮いた汗を手の甲で拭う。
    そんな仕草も可愛くてたまらない。

    「ん? どしたの、ちぃちゃん?」
    「ん、んーんっ、何でもない……」
    「?」

    しまった、つい見惚れてしまった。
    あたしのこの感情は絶対にバレちゃいけない。
    バレたらもうのんちゃんとはこんな風に笑い合うことも喋ることもなくなる。
    それだけは絶対に嫌だ。
    この気持ちは墓場まで持っていく。

    「あのねー、」

    のんちゃんはいつものようにおっとりとした口調で昨日見たバラエティ番組とか雑誌のモデルの話を楽しそうにする。
    そのたびにあたしは嫉妬する。
    やっぱりのんちゃんが他の人のことを話しているのは嫌だ。
    あたしのことだけを見て欲しい。
    あたしのことだけを話して欲しい。
    そう行ってしまいたくなる。
    いつの間にあたしはこんなに嫉妬するようになっちゃったんだろう?


    学校に着いて、廊下でクラスメイトとすれ違ったとき、クラスメイトはのんちゃんにだけ明るく挨拶をし、あたしの方をちらっと見て慌てて目を逸らしながら去っていく。
    いつもこんなんだ。
    のんちゃんはクラスの人気者で、男子からも女子からも好かれていて、よくモテるから月1回中庭に呼び出され告白される。
    そのたびにあたしは嫉妬して不機嫌になってのんちゃんを困らせる。
  • 4 鳴海 id:pKvtW6x1

    2011-05-15(日) 12:29:51 [削除依頼]
     3


    また春がやってきて、色んな奴がのんちゃんに近づく。
    あたしは毎年それを黙って見てることしかできなかった。
    だって、“同性”だから。


    けど、毎年のんちゃんは彼氏をつくらない。
    告白されてもいつも断る。
    自分からも恋をしない。
    今年もそうだと思っていた。
    その時までは。

    「のんちゃん、帰ろ」
    「うん、帰ろー! あ、でも図書室寄ってもいいかなぁ??」
    「何で? 別にいいけど……」

    のんちゃんは鞄から1冊の本を取り出してあたしに見せた。

    「これ、友達に返しといてって頼まれちゃって」
    「のんちゃんはお人好しだなぁ……」
    「ははは、よく言われる」

    本を胸に抱きかかえ、西日が差し込んだオレンジ色の廊下を歩く。
    あたしはそのとき本になりたいと思った。
    なんてバカなんだろう。


    図書室には結構人がいて、色んな人が机の上に本を広げて静かに読んでいた。
    歩くときに靴音が図書室中に響き渡る。

    「あの、これを返しにきまし……きゃっ」

    カウンターで本を返そうとしたとき、少し足がもつれて前にこけそうになった。

    「あ、危ない――っ!!」

    慌てて手を伸ばしたが足りない。
    もうダメだと思って目を思いっきり瞑ったとき、後ろから風が舞った。
    目をそっと開けると目の前にのんちゃんを抱きかかえた男の子がいた。

    「の、のんちゃ……」
    「大丈夫?」

    あたしの声を遮ってのんちゃんに問い掛ける。
    のんちゃんは少し頬が赤い気がした。
    きっとそれは夕日のせいだ。

    「だ、大丈夫です……っ。ありがとうございました!」
    「いえいえ。これからは気を付けてね」

    そう言ってのんちゃんから離れて図書室から出ていった。

    「すごくかっこよかったね、今日の宮城先輩」
    「普段からかっこいいけど、今日は一段とかっこよく見えたねー」
    「あたしもわざとこけちゃおうかなぁ」
    「やめとけやめとけ、毎度毎度助けてくれるわけねーだろ」
    「うるっさい!! 乙女の夢をぶち壊すな!!」
    「はっ、誰が乙女だよ」

    あれだけ静かだった図書室が少しざわめいた。
    さっきの人……誰なんだろう。のんちゃんに気安く触れやがって。


    あたしは嫉妬心でめらめらで、ぼーっとしているのんちゃんに気付かなかった。
  • 5 鳴海 id:pKvtW6x1

    2011-05-15(日) 12:35:21 [削除依頼]
     4


    その日の帰り道、のんちゃんはずっとぼーっとしていた。
    ただでさえドジなのに、今日は一段とドジだった。
    何にもないところでこけそうになるし、電柱にぶつかりそうになるし、しまいには自転車とぶつかりそうになった。

    「の、のんちゃん? どうしたの? さっきから、おかしいよ?」
    「あのねあのね、聞いてくれる? のんね、さっきの人に――」

    嫌な予感がする。
    聞きたくない。
    それ以上、何も言わないで。
    あたしにはのんちゃんを縛り付ける術などないのだから。

    「一目惚れしたのっ」

    嗚呼、言ってしまった。
    あたしはその言葉だけは聞きたくなかった。
    のんちゃんが誰かを好きになるなんて考えられない。
    ましてやあたし以外なんて――。

    「ちぃちゃんもさ、協力してくれる??」

    頬をうっすらピンク色に染めて上目遣いで言われたら、断れないじゃないか……。


    結局、あたしはのんちゃんの初恋の協力をすることになったのだった。
  • 6 力 id:3y/WqOV.

    2011-05-16(月) 20:41:01 [削除依頼]
    おもしろいです!

    更新頑張って下さい”
  • 7 五十嵐紘。 id:0jMBPFP/

    2011-05-31(火) 22:03:36 [削除依頼]


    ゎ!!
    鳴海発見(●^^●)

    最近会えずに寂しかったょ-;
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません