• TOP
  • 音楽
  • アニソン
  • 魔法少女まどか☆マギカの曲の意味を自分なりに考えました。

魔法少女まどか☆マギカの曲の意味を自分なりに考えました。5コメント

1 ティア id:debhxgmk

2020-02-01(土) 18:09:43 [削除依頼]
今考えついてるのは、コネクト、and I'm home、まみさんのテーマの日本語版、
くらいですかね。思いつけば他のも載せます。
  • 2 ティア id:debhxgmk

    2020-02-01(土) 18:55:56 [削除依頼]
    錆び付いた心、音も無い世界
    何を見てるの?
    またねを言える顔を探すよ
    それを繰り返すだけ
    気付けば そこには
    ひとりきりで泣く後ろ姿
    辛いような、寂しいような、場所。
    手を繋いでいたいんだ
    何度目の 気持ちだろう
    ここにある温もりは
    間違いでも構わない、
    傍にいること
    涙の音、ため息の色
    今、確かめる現在地
    冗談みたいな毎日
    見たい、見たい、未来

    これはアンドアイムホームの歌詞です。

    「錆び付いた心、音も無い世界
    何を見てるの?」
    「錆びついた心」はさやかの正義の味方になるという、まみさんのようになるという願い(心)
    「音もない世界」はまどかがあの時何を言っても伝わらなかった(音が聞こえない→音もない)というこのなのかなーと思いましたっ!

    「またねを言える顔を探すよ
    それを繰り返すだけ」
    「またねを言える顔を探すよ」これば自分でもおかしい考えだと思うのですが来世もまたあおうね、みたいな感じだと思いました。
    「それを繰り返すだけ」これはほむらの何度も繰り返した時間軸と関係してるのではないか、と思いました。←なぜほむらの関係が?って自分でも思います(笑)

    「気付けば そこには
    ひとりきりで泣く後ろ姿」これは杏子&さやかが逝ってしまってまどかが一人でなくという事?なのか?←何故分からんのだ

    「辛いような、寂しいような、場所。
    手を繋いでいたいんだ」
    「辛いような、寂しいような、場所。」辛いはまどかがなく姿を天から見るのは辛い。→魔女で死んで天国に行くのかどうか危うい
    「手を繋いでたんだ」これは杏子&さやかですかね?8話でこれが流れる時のがぞうも杏子がさやかの手を握ってましたし。

    「何度目の 気持ちだろう
    ここにある温もりは」これはさやかの気持ちで杏子と一緒に逝ってしまいその後も死後の世界で杏子と一緒にいるさやかが感じる温もりは、まどかと仁美と一緒に遊んでいた時と同じ気持ちで同じぬくもりだったからでしょうか。

    「間違いでも構わない、
    傍にいること」これは杏子が幻覚で見えているさやか(間違い)でも構わないからそばに居て欲しいという事?←なぜ杏子はあの短い時間でさやかに依存できたのか

    「涙の音、ため息の色
    今、確かめる現在地」
    「涙の音、ため息の色」これはまたあの画像を表していて、涙の音はさやかのあの時の涙の音、ため息の色は杏子はあの画像でため息をしてるような顔をしていたのでそれかと。
    「今、確かめる現在地」これは自分もよく分からんのですが(笑)

    「冗談みたいな毎日
    見たい、見たい、未来」
    「冗談みたいな毎日」これはさやかの気持ちだと思います。この毎日は、仁美とまどかといた日々、ついこの前まで生きてた日々の事で、でも魔女になり逝ってしまったから今ではそんな毎日は冗談みたいなものに過ぎないという気持ちの現れだと思います。

    「見たい、見たい、未来」これは冗談みたいな毎日を見たい、見たくてその願望を未来に(来世に)かけるという意味ではないでしょうか?



    これ以上長くなっても読みぐるしいので2つに分けます。
    さやか風「すぐまた書きますからねぇー?待っててくださいよぉー!←ふざけで敬語
    (そしてこれを見てくれる方は居るのだろうか。)」







  • 3 ティア id:debhxgmk

    2020-02-02(日) 11:58:37 [削除依頼]
    ケーキ、ケーキ、まぁるいケーキまぁるいケーキはだぁれ?
    ケーキハサヤカ?
    ちーがーう私はラズベリーまぁるいケーキはあーかい
    ケーキは杏子?
    ちーがーうあたしはリンゴまぁるいケーキはベベが好き
    ケーキはマミ?
    ちーがーう私はチーズまぁるいケーキは転がる
    ケーキは暁美さん?
    ちがっ......います私はかぼちゃまぁるいケーキは甘いです
    ケーキはまどか?
    ちーがーうわたしはメロンメロンが割れたら甘い夢
    今夜のお夢は苦い夢
    お皿の上には猫の夢
    丸々太って召し上がれー!

    えっとケーキの歌です!
    「ケーキ、ケーキ、まあるいケーキ  まあるいケーキはだあれ?」から始まってべべが「ケーキハサヤカ?」と歌い、それから五人の歌詞が始まります。

    「ちーがーう  私は〇〇 まあるいケーキは〇〇」とさやか、杏子、マミさん、ほむほむ、まどかの順で歌っていきます。
    この曲の「私は〇〇」の〇〇は自分をフルーツや食べ物で例えてるのだと思います。

    さやかのラズベリーはラズベリー=甘酸っぱい
    思いを寄せる恭介の為に魔法少女になり、仁美に取られ甘酸っぱい気持ちでソウルジェムが濁っていき、甘酸っぱい気持ちで魔女化してしまったからラズベリーではないかと思いました。

    杏子のりんごはりんご=赤くて蜜があるものや甘くない物もある
    赤いは杏子の髪色と魔法少女の時の主なカラー。
    そして杏子以外の佐倉家が逝ってしまった「血」を表してるんじゃないかと思います。
    蜜があるものや甘くない物もあるはさやかが魔女化して「ひとりぼっちは寂しいもんな」と言い自らソウルジェムを割りさやかのそばにいてくれるを蜜があるもの。
    でもさやかとは最初は殺しあう中だったのをりんごが熟す前の甘くない物でかけてるのではないかと。あと単純に杏子はよくりんご食べてましたからね。

    マミさんのチーズはチーズ=マミる、黄色くて穴が開いてる、べべ
    うん、マミさんといえばマミるですもんね。髪色や魔法少女時の主なカラーも黄色だし。
    ちらほら穴が開いてるのはティロフィナーレをばーんした後に少し隙があるので隙が穴にかけてるのではないかと。後反逆ではべべ&マミは仲いいですらね。あの時間軸では二人は昔からの友達ってことらしいですし。
    あの二人が仲良くなくてまみさんがチーズとか言ってたらまみさんは反逆でもマミってたかもしれませんねwww

    ほむほむのかぼちゃはかぼちゃ=鈍臭いイメージで甘い
    ほむほむはメガネの時鈍臭くて体育の時準備運動だけで貧血になったりして、あの時は魔法少女の素質もそこまで無かったので鈍臭い→素質ない
    みたいな感じですかね。
    甘いはほむほむはまどかには甘いですからね。愛し過ぎて悪魔になるほどだからきっとどんな食べ物よりも砂糖よりも甘いんでしょうね。盛ほむほむ恐るべし。

    はい最後まどか。まどかのメロンはメロン=高級品
    ほむほむにとってまどかは高級品(何度も言いますけどほむほむは悪魔になる位愛してますから)だからメロンなんではないでしょうか?
    そしてアニメの舞台になった時間軸のまどかは(というかあれあたりのまどかは)最強の魔法少女になれる力があり、魔女化するときは最悪の魔女になるとキュウベエが言ってましたから。それが滅多にない高級品で、すごい存在ということになると思います。まどかはどちらかと言うとほむほむから見たまどかなんでしょうか。
    まどかはアニメの時間軸では自分は何にもできないとか、マミさんみたいにかっこいい人になれればそれが魔法少女になる願いとでも言ってたから、まどかが自分のことを高級品なんて思えるはずないし。

    で私は〇〇の後の「まあるいケーキは〇〇」の所。これはまあるいケーキは〇〇を言ってる人から見た次の人のイメージを表しているのではないでしょうか。

    さやかが〇〇を「あーかい」と歌うのですが、さっき話したとおり、杏子のイメージカラーは赤色で、りんごのイメージもそこに入っているので「まあるいケーキはあーかい」ナノではないでしょうか。

    杏子が〇〇を「べべが好き」というのですが、まああの時間軸ではマミさんはべべのこと大好きですからね。杏子からみたらマミさんといえば「べべと仲良し」と言う第一印象が付いているから、べべが好きなのではないでしょうか。

    その次にまみさんが〇〇を「こーろがる」と言いほむほむに降るのですが、
    コレはまみさんから見たほむほむ、という訳ではなくほむほむ自信が自分の事をどう思ってるのかがわかるのではないでしょうか?
    ほむほむの能力は時間歩行。何度も何度もまどかを救うために時間歩行を使うので時間歩行を使う=転がる
    という意味なのではないでしょうか?

    ほむほむは〇〇を「甘いです」というのですが
    ほむほむから見たまどかは優しい=甘い
    だから甘いですになったのではないでしょうか?
  • 4 ティア id:debhxgmk

    2020-02-03(月) 21:10:40 [削除依頼]
    強がりの声も 掠れたな、と
    夢に落ちるの
    抱えた膝、目を落とすと
    すぐに崩れてしまいそうで
    このまま、このまま
    ふたりきり駆け込む遠い出口、
    まだ、期待しているの。 さあ
    笑って見つめ合うんだ。
    単純で 無邪気な顔、
    くしゃくしゃの思い抱いて
    迷い込んだ 場所さえ
    優しすぎて
    何度でも 名前を呼ぶよ
    不確かな未来でも
    離せないもの、思うだけ
    心が痛いよ
    ここにいるよ ここにいるよ
    帰る場所はここだよ?
    いつだって変わらない
    思いを残すの。

    and I'm home2番きたー!はい。←テンションの変わりよう(笑)
    いや一番はですね、ほむほむが少し交えながらもベースと言うか、大体は杏さやだったんですけど今回はね、五人がベースというかね、もう杏さやだけではないんですよね(笑)
    はい、さっさと書きますね。余談すみません。

    「強がりの声も 掠れたな、と
    夢に落ちるの」この歌詞の強がりの声は多分杏子で、さやかと初めてあった時は「うぜえ、超うぜえ」だとか、「もう殺しちゃうしかないよね」とかすごい強気にさやかと接してたんですけど、さやかが魔女化して、杏子もさやかの魔女の結界でさやかにボコボコにされて、でも、「うぜえ、超うぜえ」とか言わなかったのが「強がりの声も掠れた」何でしょうね。前みたいにさやかに上から目線ではなくて、ただ単純にさやかを救いたいという気持ちが強がりと言う杏子の性格を消して、自らソウルジェムを壊しさやかの側にいて上げるが、「夢に落ちるの」なのではないでしょうか。

    次に「抱えた膝、目を落とすと
    すぐに崩れてしまいそうで」という歌詞があるんですけどこれは魔法少女になって少しづつ絶望を知っていくさやかなんでしょうね。
    QBの狙いも知り、恭介吐仁美の関係にも恨みを持ち、少しでも気を抜くともう、ソウルジェムが濁りきってしまいそうで、「崩れてしまいそうで」を掛けていて、その抱えた膝(めげないで頑張るさやか特有の勇気)から気を抜いてしまうとソウルジェムが濁りきってしまい、魔女化してしまうという文に変えられるので、こういう意味なんじゃないでしょうか。

    「ふたりきり駆け込む遠い出口」これは、上の「抱えた膝、目を落とすとすぐに崩れてしまいそうで」の様なさやかがピンチの時もほむほむはまどかをたった一つの出口に連れて行く。鹿目さんとの出会いをやり直したいと言う願いが自分の魂の価値に値してしまうぐらいまどか一人を愛し続けた、ほむほむがまどかに向ける愛の大きさを表しているんじゃないかなーと思いました。

    「まだ、期待しているの。 さあ
    笑って見つめ合うんだ」これもほむほむがまどかに向ける愛の大きさを表しているんじゃないかなと思いまして、ほむほむが時間歩行をする度にまどかの因果が増えるのに、まだまどかを救えると期待してるほむほむの愛の大きさ、愛し続けたほむほむの根性さがここで読み取れるのではないのかなーと思いました。

    思ったより長くなったのでやっぱり三回に分けますね。










  • 5 ティア id:debhxgmk

    2020-02-04(火) 19:55:52 [削除依頼]
    単純で 無邪気な顔、
    くしゃくしゃの思い抱いて
    迷い込んだ 場所さえ
    優しすぎて
    何度でも 名前を呼ぶよ
    不確かな未来でも
    離せないもの、思うだけ
    心が痛いよ
    ここにいるよ ここにいるよ
    帰る場所はここだよ?
    いつだって変わらない
    思いを残すの。

    ういー今回こそは終わりにするぞぉー。
    て言うか見てる人がいるかもわからないのによくこんなことできるよな。自分。

    「単純で無邪気な顔」これはーさやか、、何じゃないでしょうかね?
    さやかは考えるよりも先に殴るタイプだし単純で無邪気な感じだし、魔法少女になる前はいかにも人生エンジョイしてるような子だったのでこういう歌詞になったのではないでしょうか。

    そして「くしゃくしゃの思い抱いて」は魔法少女になった後のさやか何じゃないでしょうかね~(笑)
    魔法少女になってから色んな絶望を知っていき心がどろどろになったさやかを言い換えて「くしゃくしゃの思い」となり、それでも魔法少女になった責任、そして正義感が働きそのどろどろの心を必死に背負っていくさやかだから、「くしゃくしゃの思い」の後に「抱いて」が来たんじゃないですかね。

    次の歌詞はよくわからないから飛ばしてー。

    「なんとでも名前を呼ぶよ不確かな未来でも」
    単純に名前を呼ぶよは魔女化したさやか(オクタヴィア)に呼びかけるまどかで、
    助かるかもわからないのに呼び掛けるまどかだから、「不確かな未来でも」。

    「離せないもの、思うだけ
    心が痛いよ」ほむほむに例えると離せないもの。、、、と、言うよりかは離したくない者がまどかで、そのまどかのことを思うと、前に経験した時間軸みたいに死んでしまったりする事を思い出し、次の時間軸でもそうならないか心配で心が痛い。
    杏子に例えると離せないものがさやか。
    そして今日今までさやかを傷つけていた自分を憎む杏子は、さやかのことを思い出すとさやかの単純で無邪気なさやかを思い出すと共にさやかを傷つけていた自分が頭に蘇り「心が痛い。」

    「ここにいるよ ここにいるよ
    帰る場所はここだよ?」これは杏子とさやかがお互いに思っていることで、帰る場所は、さやかは「マミさんが生きていた頃にまどか達と一緒に魔女退治をする時間、あるいは時間軸。」杏子は「家族が言ってしまう前の、さやかが魔女化してしまう前の幸せな時間軸。」それを二人はお互いにここだよ、君はここに帰るんだよ、君が求めているものはここにいるよ、と思っているから歌詞になったんじゃないかと思います。

    「いつだって変わらない
    思いを残すの」最後は全員の思いが入っていて、まどかは「マミさんも死なないで杏さやの始めてあった時の殺り合いもなく、五人全員が仲良くして魔女退治したい」と言う思い、
    さやかは「まみさんみたいに正義の味方として魔女を退治すると、マミさんに憧れる、そして後を継ぎたい」という思い、
    杏子は、「さやかと元から仲良く出来てほか三人とも仲良く出来て、父さんの話をみんなが聞いてくれますように、と言う願いをしない自分になりたかった」という思い、(杏子は外見では魔法は自分のために使うんだと強がっているけど内面はホントはあんな願い事しなきゃ良かった、そうすれば父さんも母さんも妹も死ななくて済んだのに、とおもってる気がするんですよね)
    まみさんは「シャルロッテを倒してその後5人で仲良く魔女退治ができる自分、みんなになってほしい」という思い、ほむほむは「最初のあの時(QBに鹿目さんとの出会いをやり直したいという願いをする時)からまどかも、そしてあの時はよく思えていた巴さん
    も死なずにすみ、ワルプルギスを撃破する」という思いが入っていると思うんですよ、私の場合。
    全員に少しは「五人全員が仲良くしてられる」という願いが入っていると思うんですよ。




    ヤッター終わったー!


























コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません