セクハラ事件の宮原 修教授1コメント

1 詩織 id:TWItHRW/

2015-07-05(日) 17:54:03 [削除依頼]
ゼミの女子学生にセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)をしたとして、
停職3カ月の懲戒処分を受けたお茶の水女子大大学院の男性教授が、
大学と学長を相手に懲戒処分取り消しなどを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。
難波孝一裁判長はセクハラ行為があったと認定し、懲戒処分も適法としたが、約3年間、
教育活動などを停止させた措置については「2年ほどで足り、長過ぎる」と判断。
大学に100万円の賠償を命じた。

大学側は、教授の停職期間が終了した01年5月から約3年間、教壇に立つことや教授会への
出席などを禁じた。教授は「セクハラ行為はなかった」として提訴し、争っていた。
教授は、元女子学生が起こした損害賠償訴訟で今年4月、230万円の賠償を命じられ、
控訴している。

[朝日新聞]2005年06月27日21時38分


この事件を起こした、宮原 修とか言う教授はまだいるのですか?
まだいたら、とても怖いです((((;゚Д゚)))))))
このスレには、まだレスがありません
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません